とんでもない医療事故が起きました。血液製剤を点滴しなければいけないのに間違えて全身麻酔薬を点滴された68歳の男性が死亡したそうです。なぜこのような間違いが起きてしまったのでしょうか?原因の究明が必要ですね。


福岡市博多区の「さく病院」(朔寛(さくひろし)院長)で今月22日、血液製剤と間違えて全身麻酔薬を点滴投与された男性患者(68)が多臓器不全で死亡していそうです。


病院側は投薬ミスを認めており、福岡県警博多署が業務上過失致死の疑いで調べているそうです。


病院によると、男性は2月6日に入院。直腸がんのため、13日に人工肛門を取り付ける手術を受けたそうです。


14日、誤って全身麻酔薬を点滴投与され、男性は直後に意識を失ったそうです。


異変に気付いた家族が看護師に伝え、救命措置が取られたが、男性は意識が戻らず、22日に死亡したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000058-mai-soci