競輪のトップクラスS級1班に所属する内田慶選手がレース中に転倒して頭を強打して死亡したそうです。前輪の故障が原因で転倒したそうです。


11日午後1時20分ごろ愛知県一宮市の一宮競輪場で開催中の「第51回オールスター競輪」の初日第7レースに出場した宇都宮市小幡、内田慶選手(27)がレース中に転倒し、頭などを強打して死亡したそうです。



同競輪場によると、内田選手はバンクを5周するレースの最終周回の第3コーナー付近で、両脇の自転車2台に挟まれた状態になった直後、突然前のめりに転倒したそうです。


レースには9選手が出場していたそうです。事故直後は意識はあったが、午後1時35分ごろ、心肺停止状態となったそうです。

 
日本自転車競技会は同レースについて「相互接触による落車が原因で違反行為などはなかった。原因としては前輪の故障などが考えられる」としているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000144-mai-soci