中国の工場で加工された冷凍サバから有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が検出されました。怖いことに大半はすでに全国の回転寿司店などの外食チェーン店などで食べられてしまったようです。


香川県さぬき市の水産物製造販売会社「香西物産」は18日、中国の工場で加工された業務用の冷凍サバ「炙(あぶり)トロ〆鯖(しめさば)スライス」(200グラム)の切り身から、有機リン系殺虫剤「ジクロルボス」が、食品衛生法の基準の14倍にあたる0・14ppm検出され、同工場が加工した冷凍サバ商品52品目の自主回収を始めたそうです。


同社によると、検出されたのは昨年6月5日製造で、神戸市の水産物卸売会社を通じて計2250パック輸入し、すべて回転ずし店など外食チェーンに販売したそうです。


同じ日に製造された商品の大半は、すでに全国の回転ずし店などで消費されたとみられるが、同県は「健康被害の心配はない」としているそうです。いまさらそういわれても食べてしまった後ではなんともできません。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080218-00000040-yom-soci