豚インフルエンザは世界的に広がっていくのでしょうか。メキシコでは多数の死亡者が出ているそうで本当に怖いですね。日本では、豚インフルエンザの発症予防ワクチンを優先して製造していくことになったそうです。発症予防ワクチンはどのくらいの効力があるのでしょうか。タミフルは効くのでしょうか。



政府は27日午前、メキシコを中心に世界的な広がりをみせる豚インフルエンザ問題で、全閣僚が出席して対策会合を首相官邸で開いたそうです。



検疫・入国審査の強化など「水際対策」の実施など当面の対処方針を決定したそうです。


また、舛添要一厚生労働相は27日、報道陣の取材に、豚インフルエンザの発症予防ワクチンを、今冬向けの季節性インフルエンザのワクチンより優先して製造する考えを示したそうです。



政府が備蓄するワクチンは、鳥インフルエンザのウイルスから製造されたものだそうです。



型が違い、今回の豚インフルエンザには効果が期待できないそうです。



発生国からウイルス株を分けてもらい、新たにワクチンを作る必要があるそうです。



ただこの時期、各メーカーは今冬に流行する型を予測して季節性インフルエンザのワクチン生産に入りつつあるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090427-00000034-mai-soci