ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:医療事故






医療経験が10カ月と新人の20代の女性麻酔科医が、医療ミスをして患者の2才男児が意識不明の重体になっているそうです。鼻から入れた管で胃に空気を送るべきところを、誤って薬物を投与するため右脚の静脈につないだ管から空気を送ってしまったことが医療事故の原因だそうです。ベテランの麻酔科医が指導で付いていたが、別の手術のため空気を入れた時はいなかったそうです。



福島県立医大付属病院(福島市光が丘)は3日、県内の2歳男児の手術中に、胃に送るべき空気を誤って静脈に入れ、男児が意識不明になっていると発表したそうです。



男児は低酸素脳症の疑いで集中治療室に入っているが、脳に後遺症が残る可能性があるそうです。

 

病院によると、男児は7月29日、胃の内容物が食道に逆流する「胃食道逆流症」の治療のため、内視鏡を使って胃の入り口を細くする手術を受けたそうです。



胃を膨らませる際、20代の女性麻酔科医が、鼻から入れた管で胃に空気を送るべきなのに、誤って薬物を投与するため右脚の静脈につないだ管から空気を50ミリリットルずつ2回送ったそうです。


管がよく似ており、男児の体に布がかけられていたため、区別がつかなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000019-maip-soci

気管チューブを挿入する手術中に、電気メスでのどを切開したときに先に挿入されていた別のチューブが燃えて気道、口内、顔にやけどを負わせ重体になると言う医療事故が起きたそうです。患者さんは76歳の男性で危篤だそうです。



千葉県松戸市立病院(藤塚光慶院長)は10日、急性呼吸不全で入院した市内の男性患者(76)に気管チューブを挿入する手術で、のどを電気メスで切開する際、先に挿入されていた別のチューブが燃え気道や口内、顔に重いやけどを負わせたそうです。


男性は危篤に近い状態だそうです。高温の電気メスが酸素供給中だったポリマー樹脂製チューブに触れたか、接近して発火した可能性があるそうです。

 
病院によると、男性は9日に別の病院から搬送された時、口から気管チューブが挿入されており、人工呼吸器で濃度100%の酸素を必要とする状態だったそうです。


10日午前、救急部の男性医師(27)がのど仏の下から新たなチューブを入れる手術をしたところ、切開部から高さ10センチほどの炎が上がったそうです。


すぐに火を消し焼けたチューブを取り出したが、重いやけどで呼吸不全の症状が悪化したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000155-mai-soci

鎮痛薬の点滴治療を受けた73歳の女性が死亡するという事故が起きました。医療事故かどうか調査中のようです。他にも13人の外来患者が腹痛や嘔吐などの症状を訴えたそうです。点滴薬に何か異常があったのでしょうか?早く原因を突き止めて欲しいですね。


三重県伊賀市上野車坂町の整形外科診療所「谷本整形」(谷本広道院長)で、鎮痛薬の点滴治療を受けた60〜80代の外来患者14人が腹痛や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、このうち女性1人が死亡したそうです。

県は医療事故の可能性もあるとみて、調査を開始した。県警も事件、事故両面で捜査し、11日に女性の司法解剖を行い、詳しい死因を調べるそうです。


県健康福祉部と県警によると、死亡したのは同市島ケ原、無職市川満智子さん(73)。腰痛の治療のため、9日に谷本整形で鎮痛薬の点滴治療を受けた後、10日に自宅で死亡しているのを家族が発見したそうです。


ほかにも、同じ点滴治療を受けた男女13人が体調不良を訴え、市内2カ所の総合病院に入院した。入院日は5月23日が3人、今月2日が2人、6日が1人、9日が7人。


中には40度近い高熱と白血球の減少など重い症状を示した患者もいた。13人のうち2人は既に退院しているそうです。


点滴薬は鎮痛剤「ノイロトロピン」に、ビタミン剤「メチコバール」と生理食塩水100ccを混ぜたものだったそうです。県は11日の診療を自粛するよう谷本整形を指導したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000171-jij-soci

とんでもない医療事故が起きました。血液製剤を点滴しなければいけないのに間違えて全身麻酔薬を点滴された68歳の男性が死亡したそうです。なぜこのような間違いが起きてしまったのでしょうか?原因の究明が必要ですね。


福岡市博多区の「さく病院」(朔寛(さくひろし)院長)で今月22日、血液製剤と間違えて全身麻酔薬を点滴投与された男性患者(68)が多臓器不全で死亡していそうです。


病院側は投薬ミスを認めており、福岡県警博多署が業務上過失致死の疑いで調べているそうです。


病院によると、男性は2月6日に入院。直腸がんのため、13日に人工肛門を取り付ける手術を受けたそうです。


14日、誤って全身麻酔薬を点滴投与され、男性は直後に意識を失ったそうです。


異変に気付いた家族が看護師に伝え、救命措置が取られたが、男性は意識が戻らず、22日に死亡したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000058-mai-soci

↑このページのトップヘ