ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:収入

いま、どれだけあなたが不遇の生活をしていても

今までどれだけ苦汁を舐め続けてきたとしても
問題ありません。

そういった人たちがどんどん笑顔になっていく姿を
私は知っています。

あなたも心からの笑顔で過ごせる人生を
実現することができます。


もしも今、あなたが、所持金ゼロ、貯金ゼロ、
借金まみれ状態で、どうしていいか
わからない状態だったとしても・・・


もし、あなたがそんな状況にいたとしても、
なんとか出来てしまう方法が存在します!


お金とは何か?
という事を考えたことありますか?
お金とは何かを知っていますか?

お金には基本的には3つの概念があります。

「価値の保存」「価値の交換」「価値の尺度」

この3つの機能を搭載したものがお金です。



どうしたら、お金をたくさん手に入れる事が出来るのか?
3つの概念に注目してください。

すべてに『価値』が入っていますよね。

そうです、つまり


「価値を生み出す事」です。

価値を生み出すとそれに伴い、お金が入ってきます。

その価値が大きければ大きいほどリターンも
大きくなります。

あなたが価値を作ったり、生み出す事で
それを欲しがる人が出てきます。


『金儲けのうまい人は無一文になっても
自分自身という財産をもっている』


あなたが価値を生み出すことができれば
たとえ無一文になったとしてもすぐに立ち直ることが
できます。


価値を生み出す人間になりませんか?
まずはこの無料WEBセミナーをご覧ください。
興味のある人は下記をクリックして確認してください。

無料なのでリスクはゼロです。
始めの一歩は意外と簡単です!


すでに3000人以上の会員が価値を生み出すことに
成功しています。



次世代型ネット002

財務省は、明治以降に発行された近代金貨のうち政府が保有していた3万2680枚をすべて売却し、計57億3931万円の売り上げがあったと発表したそうです。


最高値を付けたのは1880(明治13)年に発行された旧2円金貨で、売却額は1枚で3210万円だったそうです。


収益は全額、国の一般会計に計上され、国の歳入不足を補うそうです。



売却したのは1870(明治3)年から1932(昭和7)年に発行された額面1、2、5、10、20円の金貨。戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に接収されていたが、52年のサンフランシスコ講和条約の発効と同時に政府に返還されたそうです。


その後、約半世紀にわたり財務省が保管してきたが、財政再建の一環として放出を決定したそうです。


2005年から競売会やインターネットを通じ売却を進めてきたそうです。


最高値となった明治13年の旧2円金貨は、87枚しか発行されなかった「幻の金貨」だそうです。


政府の放出品は傷や光沢の劣化がほとんどなく、オークションの結果、事前の落札予想価格2000万円を大幅に上回る価格で競り落とされたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000077-mai-bus_all

↑このページのトップヘ