オハヨー乳業のヨーグルトに床の塗装に使われているエポキシ樹脂が混入していることがわかったそうです。すでに市場に出回っている121万5000個を自主回収するそうです。床の塗装材がナゼ、どんな状態で混入したのでしょうか?


オハヨー乳業(本社・岡山市)は27日、茨城県鉾田市の関東第一工場で製造したヨーグルトに工場の床の塗装に使われている黄緑色をしたエポキシ樹脂と呼ばれる物質が混入したとして「旨実(うまみ)が違う」シリーズ3品計約121万5000個を自主回収すると発表したそうです。


同工場の製品は全国に出荷されているが、健康被害は確認されていないそうです。


26日に横浜市や堺市など関東、関西地方の消費者5人から同社に「異物が混入している」と苦情があり、調査していたようです。

果肉ソースのタンクに空気を送る配管を通じて混入したようです。


同社は出荷した商品については27日午後に卸業者などに回収を依頼、販売済みの商品についてはフリーダイヤル(0120・772・199)で個別に対応するそうです。


回収対象製品は10〜25日製造で▽「まるごと苺&ヨーグルト120グラム」▽「まるごとブルーベリー&ヨーグルト120グラム」▽「ごろっとマンゴー&ヨーグルト120グラム」。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000143-mai-soci