ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:大分教員採用汚職

大分県教員採用汚職事件で、驚くべき事実が発覚しました。矢野哲郎被告の長女は辞職しましたが、この長女は、体育実技テストを受けずに0点にも関わらず、二十数点かさ上げされてしかも、総合得点でも水増しされてやっと合格圏内に入ったそうです。辞職した長女にはちょっと同情しましたが、この事実発覚によりそれはなくなりますね。元々不合格だったんですから辞職は当然ですね。


大分県の小学校教員採用汚職事件で、体育実技を受けずに07年度の試験に合格した受験者がいたことが分かったそうです。


本来なら30点満点で0点だが、二十数点にかさ上げされたという。総合得点もさらに水増しされ、合格圏内に入ったそうです。


県警は点数改ざんの中でも特に悪質な事例とみて、元県教委参事の江藤勝由被告(52)=収賄罪で起訴、懲戒免職=を追及し、点数改ざんの全容解明を進めているそうです。

 
関係者によると、この受験者は贈賄罪で起訴された元県教委参事、矢野哲郎被告(52)夫婦の長女=23日に辞職=で、診断書を提出して受けなかったそうです。

 
調べでは、江藤被告は07年度の試験時、義務教育課人事班主幹として採点データの集計などを担当したそうです。


当時、教育審議監だった二宮政人被告(61)と富松哲博・教育審議監(60)から、口利きを受けた計40人を合格させるよう指示され、合格者41人のうち23、24人を不正合格させていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000014-mai-soci

次々と明るみに出る大分県教員採用汚職事件、今度は地元新聞社の大分合同新聞社の幹部社員が、大分市教委の部長を通じて、08年度の小学校教員採用試験を受験した長女の採用を県教委側に依頼していたそうです。


2次試験の点数を水増ししてもらい合格したそうです。本当にボロボロと不正の事実が明らかになるにつれて怒りを通り越してあきれてしまいますね。


大分県の教員採用汚職事件に絡み、大分合同新聞社(本社・大分市)の事業部長(52)が、大分市教委の部長を通じて、08年度の小学校教員採用試験を受験した長女の採用を県教委側に依頼していたそうです。


長女は点数が水増しされて試験に合格し、事業部長は合格発表前に市教委部長から連絡を受けていたそうです。


事業部長は社内調査に事実関係を認め、同社はさらに詳しい調査を進めているそうです。


 
大分合同新聞社や市教委によると、事業部長は試験前年の06年10月、大分市内のパーティー会場で市教委部長と懇談したそうです。


その際、「長女が教員を目指している」と伝えると、市教委部長は「1次試験に合格したら、声をかけてください」と応じたそうです。


長女は過去に3回不合格となり、臨時講師をしていたが、07年7月の1次試験には合格したそうです。


 
このため、事業部長は07年9月の2次試験前に市教委の部長室を訪れ「よろしくお願いします」と採用を依頼したそうです。


さらに、10月の最終合格発表後の07年末に、5000円相当の歳暮を市教委部長に贈ったそうです。


事業部長は社内調査に「パーティーの席で会った縁に甘えてしまった」と話しているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000110-mai-soci

↑このページのトップヘ