ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:定額給付金

与党のバラマキ政策との批判もある定額給付金の金額が決まったそうです。1人12000円で65歳以上と18歳以下には20000円だそうです。夫婦と子供2人の家族の場合64000円支給されるそうです。


自民、公明両党は7日、生活支援定額給付金の額を一律1万2000円、65歳以上と18歳以下には8000円を加算し計2万円とすることに大筋で合意したそうです。


夫婦と18歳以下の子供2人の4人家族だと6万4000円が支給されるそうです。



支給対象となる所得制限の基準の設け方は、支給の窓口を担う市町村の意見を踏まえ、12日までに結論を出すことにしたそうです。

 
自民党の園田博之政調会長代理と公明党の山口那津男政調会長が同日、国会内で会談し、山口氏が給付額を提案したそうです。


永住外国人も支給対象にし、給付のための新たに法律は制定しない方針だそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000605-san-pol

定額給付金の対象者について所得制限を設けるとか高額所得者には辞退してもらうなど発表がありましたが、高額所得者には辞退してもらう方式はありえないとの発言が
与謝野馨経済財政担当相からあったみたいです。迷走していてどんな形で決着がつくのでしょうか。


与謝野馨経済財政担当相は7日の閣議後記者会見で、2兆円の定額給付金の対象者を絞る所得制限について「高額所得者が受け取りを辞退するというのは制度ではないので、あり得ないと思う」と述べたそうです。


政府・与党内では事務手続き簡素化のため、高額所得者の受け取り辞退を促す形で所得制限する方式を検討しているが、経財相はこの案に反対する考えを示したそうです。
 

給付金の支給方法について、中川昭一財務・金融相は「低所得者の方にできるだけ多くというのがポイントだ」と語ったそうです。
 

一方、鳩山邦夫総務相は、給付金の支給事務を担当する実施本部を11日に総務省に設置すると発表した。支給対象者や支給方法をめぐる政府・与党の議論を踏まえた上で、同本部で支給制度の詳細について市町村と調整するそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000080-jij-pol

麻生総理が発表した定額給付金配布について、当初所得制限を設けないと大風呂敷を広げていましたが、ここにきてバラマキとの批判を受けて所得制限を設けるような方向性に変わったそうです。世帯ごとの所得と言うのは市町村などの行政では把握できないため、ナント高額所得者には給付金の受け取りを辞退してもらう方向だそうです。なんというずさんな政策なんでしょうか。


政府・与党の追加経済対策に盛り込まれた総額2兆円の定額給付金について、政府・与党内で6日、引換券を全世帯に配布した上で、引換券を持参した世帯に給付金を支給する案が浮上したそうです。


高額所得者には給付金受け取りを辞退するよう呼び掛ける方向だが、辞退するかどうかは世帯主個々の判断に委ねられるそうです。



政府関係者が6日、明らかにしたそうです。麻生太郎首相も同日夜、首相官邸で記者団に「(引換券方式が)別に間違っているとは思わない。いろいろな案を検討することはいいことだ」と述べ、政府内で検討していることを認めたそうです。 




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000201-jij-pol

↑このページのトップヘ