ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:小学館




出版業界の不況打開対策の一環として大日本印刷グループと、講談社、小学館、集英社の大手出版3社が中古本販売のブックオフの株式を31%取得するそうです。
出版業界がどのように活性化していくのか注目ですね。



大日本印刷グループと、講談社、小学館、集英社の大手出版3社は13日、中古本販売のブックオフコーポレーションの株式計約31%(議決権ベース)を、筆頭株主の日本政策投資銀行系のファンドなどから取得すると発表したそうです。



出版不況の中、消費者の間で定着した中古本市場を取り込み、新刊本の販路活用や、店舗のノウハウ取得などを探るそうです。

 
株式取得は20日を予定しており、大日本印刷は議決権の7・17%を取得して筆頭株主になるそうです。



このほか、大日本印刷傘下の丸善と図書館流通センターがそれぞれ6・06%、4・19%を取得し、講談社、小学館、集英社は各4・66%を取得するそうです。

 

大日本印刷は株式取得の理由を「中古本を含む出版業界全体の協力・共存関係を構築し、業界の持続的な成長を実現させていくため」(広報室)と説明したそうです。


近く同時に取得した6社とブックオフとの間で協議を始めるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000547-san-soci

「週刊少年サンデー」の小学館が人気漫画家「金色のガッシュ!!」の作者・雷句誠さんの原画を紛失したために損害賠償訴訟を起こされていた裁判で、和解が成立したそうです。小学館が和解金255万円を支払うそうです。

 
「週刊少年サンデー」で連載された人気漫画「金色のガッシュ!!」の原画を紛失したとして、作者の雷句誠(本名河田誠)さん(34)が小学館に330万円の損害賠償を求めた訴訟は11日、東京地裁(山崎勉裁判長)で和解が成立したそうです。

 
原告側の代理人弁護士によると、和解条項は小学館が原画の紛失を雷句さんに謝罪し、和解金255万円を支払うなどの内容だそうです。
 

紛失したのはカラーで描かれた5枚で、雷句さんは「美術品としての財産的価値がある」と主張していたそうです。


 
雷句さんは同日記者会見し、「価値が認められたのは漫画家にとって大きな一歩だ」と話したそうです。
 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000123-jij-soci

広末涼子が週刊誌『女性セブン』を発行している小学館を名誉毀損で訴えていた訴訟判決があり、東京地裁は訴えを認め120万円の支払いを命じたそうです。


週刊誌「女性セブン」の記事で名誉を傷付けられたとして、女優の広末涼子さん(27)が発行元の小学館などに慰謝料など約2400万円の支払いを求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であったそうです。

須藤典明裁判長は名誉棄損を認め、計120万円の支払いを命じたそうです。


問題となった記事は「女性セブン」平成19年3月22日号に掲載され、広末さんの交友関係を報じたそうです。


須藤裁判長は記事を「一般人なら公開されることを望まない私的な事柄」として、プライバシーの侵害に当たると認定したそうです。


その上で「著名人だからといっても、私的な記事の掲載が公共の利益に貢献するものではない。真実かどうかを判断するまでもなく、名誉棄損が成立する」と判断したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080617-00000963-san-soci

週間少年サンデーの小学館に原画を紛失されたとして損害賠償訴訟を起こした「金色のガッシュ!!」の作者、雷句誠さんに対して、訴えられた小学館は全面的に闘う方針を打ち出したそうです。小学館に対しては雷句誠さん以外の作家さんも苦言を呈しているようで法定での争いに注目が集まりますね。



「週刊少年サンデー」(小学館)に07年まで連載されていたマンガ「金色のガッシュ!!」の作者、雷句誠さんが、原画を紛失されたとして、小学館を相手取り、東京地裁に330万円の損害賠償訴訟を起こしている問題で、同誌編集部は13日までに、公式サイトに読者への謝罪文を掲載したそうです。


「読者の皆様へ」と題され、「ご心配をおかけして申し訳ございません」などとしている。しかし、雷句さん側の主張については、「事実とは考えておりません。今後は、法廷で当方の考えを明らかにしてゆくつもりでおります」と、争っていく姿勢を示した。

「金色のガッシュ!!」は同誌に01年から連載され、コミックス32巻で累計2200万部超を販売し、テレビアニメや劇場版にもなったそうです。


訴えによると、雷句さんは小学館側に原画を貸していたが、連載終了後にカラー原画など5枚が紛失していることが判明したそうです。


小学館側は原稿料(1枚あたり1万7000円)の3倍の賠償額を提示したが、雷句さん側は「原画には美術的な価値がある」として、330万円の損害賠償を求めているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000006-maiall-ent

少年サンデーと少年マガジンはライバル誌の関係ですが、両誌とも来年創刊50周年を迎えるんですね。それを記念してライバル同士が手を組み新しい漫画雑誌を創刊するそうです。新しい形での少年漫画雑誌がちょっと楽しみですね。 


コミック雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が協力して、それぞれの人気連載である「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の傑作選を掲載する増刊号の刊行が27日までに決まったそうです。


両誌はともに1959年創刊のライバル誌で、来年50周年を迎えるための記念事業。異なる出版社が一つの雑誌を出すのは異例だが、低迷が続く少年漫画市場を盛り上げる狙いもあるそうです。


増刊号は4月10日から半年間、月2回のペースで刊行するそうです。その後は読者の反応を見て継続するかどうかを検討するようです。 


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000016-maiall-ent

↑このページのトップヘ