ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:復活



日本の音楽シーンが誇る超一流ブランド「YMO]が26年ぶりに復活するそうです。1978年に結成され83年に解散するまでの5年間という短い時間でしたが
テクノポップで一世風靡したスーパーバンドが復活するんでね。喜んでいる人もたくさんいるでしょう。


細野晴臣(61)、坂本龍一(57)、高橋幸宏(56)によるテクノグループ「イエロー・マジック・オーケストラ」(以下YMO)が、日本での活動を本格的に再開させるそうです。


1983年の「散開(解散)」以来、国内ではYMOとしての活動を封印してきたが、8月9日に東京・夢の島公園陸上競技場で開催される野外ライブイベント「ワールド・ハピネス2009」にYMOとしてステージに立つことが決定したそうです。

 
日本の音楽シーンが誇る超一流ブランドが四半世紀ぶりに復活するそうです。


83年に“散開”した3人は、93年の“再生”時は「xYMO」の名前で活動。


04年からは「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」を名乗り、その後は「YMO」を付け足して「HASYMO(ハシモ)」に発展したが、メンバーのこだわりから、あえてYMOは封印してきたそうです。


26年ぶりの復活となるだけに、今後はYMOとしての作品なども期待できそうですね。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000041-sph-ent


タイガーウッズがケガから復活して、復帰戦3戦目で今季初勝利を奪いました。しかも5打差を逆転しての勝利です。タイガーの完全復活で、今からマスターズが非常に楽しみですね。


フロリダ州にあるベイヒルクラブ&ロッジで開催された、米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日。5打差の2位からスタートしたタイガー・ウッズ(米国)が、首位スタートのショーン・オヘア(米国)をとらえ逆転優勝を飾ったそうです。

 
ウッズは出だしの2番、3番で連続バーディを奪う最高のスタートだったそうです。


直後の4番をボギーとしたものの、同組のオヘアにいきなりプレッシャーをかけたそうです。


その後7番でもバーディを奪い、同じホールでこの日2つ目のボギーを叩いたオヘアとの差をじりじりと縮めていったそうです。


この王者のプレッシャーに耐えかねたオヘアが後半10番でボギーを叩きその差は1打差。


そして、ウッズが15番でこの日4つ目のバーディを奪い首位に並ぶと、一向に調子の上がらないオヘアが16番でボギーを叩き、ウッズが今大会初の単独首位に浮上したそうです。

 
しかしドラマはここからだったそうです。


ウッズが17番でボギーを叩いたため再びオヘアと同スコアで並び勝負は18番ホールへ。


ウッズがバート・ブライアント(米国)を降した昨年大会の再現のように同スコアで迎えた最終日最終ホール。


そして、これも昨年の再現のように土壇場でウッズがバーディパットをぶち込み、タイガー劇場は終幕したそうです。


5打差をひっくり返しトータル5アンダーで大会連覇を達成したそうです。

本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000000-alba-golf

山本モナがタレント活動に復帰しましたが、謹慎中で落ち込んでいるときにモナを励まし続けた恋人の存在があったそうです。しかも今度は独身男性なので不倫ではないようです。


タレント山本モナ(32)に新恋人がいるそうです。


東京・西新宿に本社を構える不動産投資会社のイケメン社長Aさん(31)で、昨年7月の巨人二岡智宏内野手(32=現日本ハム)との不倫騒動後に交際がスタートしたそうです。


騒動による謹慎処分の約半年間を支えられたそうです。すでに都内の高級マンションで同居中という情報もあるそうです。
 

仕事復帰したモナを支える新恋人がいたそうです。Aさんはモナより1歳下で、2年ほど前に離婚歴があるそうです。


実家は高知の資産家で、約40人が勤務する不動産投資会社社長だそうです。


交際開始は昨年7月下旬だったそうです。二岡との不倫騒動直後、反省と同時に精神的ショックも大きかったモナを慰め、励まし、支えてきたそうです。
 

出会いは二岡との騒動の発端となった写真を撮られたのと同じ、新宿2丁目のバーだったそうです。


同5月末に店主の紹介で知り合った。当初は共に同店で顔を合わせる飲み友達だったそうです。


そのため、Aさんはモナのブログにも登場したことがある。笑うと白い歯が目立つ杉浦太陽似のイケメンだそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000006-nks-ent

↑このページのトップヘ