ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:急性白血病





女優の黒木メイサの父親59歳が急性白血病のため急死していたそうです。5月11日に亡くなったそうですが、黒木メイサはスタッフなどに気付かれること無く気丈に仕事をこなしていたそうです。



女優の黒木メイサ(20)の父親が急死していたことが26日、分かった。関係者によると11日午前、沖縄県内の自宅で急性白血病のため亡くなったそうです。59歳だったそうです。

 
前日の10日、「第17回橋田賞」に出席していたメイサは、「生きることもいい作品を作ることも精いっぱいやりたい」と抱負を話していたが、その直後のことだったそうです。

 
最愛の父を失い、沖縄に急行することも考えたが、売れっ子女優だけに仕事がビッシリだそうです。


父が亡くなった11日は、昼ごろからテレ朝系「徹子の部屋」の収録に参加したそうです。


悲しみを抑え、デビュー前からこれまでの芸能生活を司会の黒柳徹子(75)に語ったそうです。


後から事情を聞いた関係者は「全く分かりませんでした」と驚いたほどだったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000001-sph-ent

急性白血病の原因遺伝子のひとつが特定できたそうです。新たな治療の道を開く成果として注目されるようです。



7〜8割の患者が再発する急性白血病の原因遺伝子の一つを、黒川峰夫・東京大教授(血液腫瘍(しゅよう)内科学)らが特定し、7日付の米医学誌に発表したそうです。新たな治療の道を開く成果として注目されるようです。

 

研究チームは、急性白血病の再発患者で働きが活発な遺伝子「Evi−1」に注目。白血病マウスからEvi−1を除去した細胞を取り出し、それを健康なマウスに移植したそうです。

 

その結果、Evi−1除去細胞を移植されたマウス約10匹は、白血病細胞を移植されたほぼ同数のマウスより、白血病の発症を1カ月遅らせることに成功したそうです。


発症は完全に止められなかったが、研究チームは「実験上の限界だ」としているそうです。

 

これまでに見つかった白血病の原因遺伝子は約100種類あるそうです。


Evi−1について、黒川教授は「再発患者で活発化していることを踏まえ、発症に極めて重要な役割を担っていると言える。適切に制御できるようになれば、白血病の新たな治療につながるだろう」と話しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000005-mai-soci

↑このページのトップヘ