ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:感染症

銀座眼科でレーシック手術を受けて感染症角膜炎を発祥した人のうち2人が、角膜移植手術が必要になる可能性が高いそうです。角膜が白く濁ってしまったのでしょうか。怖い話ですね。



東京都中央区の「銀座眼科」(同区銀座・溝口朝雄院長)で角膜にレーザーを照射して視力を矯正する「レーシック手術」を受けた67人が、感染性角膜炎などを発症した問題で、うち2人は角膜の移植手術が必要になる可能性があるそうです。
 


また同区保健所によると、67人のほかに新たに5人が「銀座眼科でレーシック手術を受けたが、目に違和感がある」などと訴えているそうです。 

本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000060-jij-soci

銀座眼科でレーシック手術を受けた639人のうち67人が感染性角膜炎や結膜炎を発症した医療事故で2人が入院し、そのうちの1名は失明の恐れがある重症だそうです。治療機器を消毒する機械が故障していた可能性があるみたいです。治療機器のずさんな管理体制が原因で起きた医療事故のようです。怖い話ですね。


東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区、溝口朝雄院長)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち、18歳から66歳の男女67人が、感染性角膜炎や結膜炎を発症したと発表したそうです。


2人が入院し、19歳の女性は家族によると、失明の恐れがある重症だそうです。


ほかの患者の容体は調査中で、溝口院長は「今後、角膜移植が必要な患者が出る可能性もある」としているそうです。

 
保健所や溝口院長によると、最初の感染が見つかったのは昨年10月だそうです。


以降も感染報告が相次いだが溝口院長は治療を続け、今年2月までに67人が感染したそうです。


同眼科が1月20日ごろ、治療機器を消毒する機器を入れ替えたところ感染がなくなったそうです。


保健所は消毒機器の衛生管理や、医師の手洗いが不適切だったことなどが原因とみて調べているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090226-00000091-san-soci

銀座眼科でレーシック手術を受けた患者が感染性角膜炎に罹っている人が67人もいるそうです。昨年の10月から今年の2月までの5ヶ月でレーシック手術を受けた639人中67人が感染性角膜炎になったそうです。銀座眼科の衛生管理に問題があったそうです。


東京都中央区保健所は25日、銀座眼科(同区)で、レーザー光線を使って近視を矯正するレーシック手術を受けた患者639人のうち67人が、感染性角膜炎などの健康被害を訴えたと発表したそうです。


67人のうち1人が医療機関に入院しているという。同保健所では、銀座眼科の衛生管理が不徹底だったことが原因とみて詳しいことを調べているそうです。

 
同保健所によると、患者67人が感染症を発症したのは、平成20年10月〜21年2月だそうです。


同保健所は、銀座眼科が不十分な滅菌処理を行った医療器具などで手術を行ったため、患者の角膜が炎症を起こした可能性が高いとみているそうです。

 
これまで同区は、健康被害が多いとの情報を受けて2度、銀座眼科に立ち入り検査をしてきたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000558-san-soci

↑このページのトップヘ