保険代理店をしていた金融会社「信和総合リース」が架空契約で販売手数料100億円を生命保険会社からだまし取っていたようです。金額がでか過ぎて本当にそんなことができるのかよくわかりませんが・・・


アクサ生命保険などの代理店をしていた金融会社「信和総合リース」(東京、2008年12月に破産)グループが、中小企業の名義を借りて多数の契約を結んだようにみせかけて保険会社から販売手数料をだまし取っていたそうです。


信和グループが不正に得た手数料は100億円規模とみられるそうです。
 

信和と代理店契約を結んだ保険会社は複数あり、金融庁が調査する方針だそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000067-jij-soci