自転車が軽乗用車にはねられ車の下部に巻き込まれたまま180メートルも引きずられて重傷を負ったそうです。車に乗っていた4人が車を現場に放置したまま逃走したそうです。ひき逃げ事件で捜査中だそうです。



18日午前2時55分ごろ、大阪市淀川区新北野の国道176号交差点で、自転車で通行中の大阪府豊中市服部本町の飲食店員、村中文夫さん(58)が左折してきた軽乗用車にはねられたそうです。


村中さんは車の下部に巻き込まれたまま約180メートル引きずられ、左耳を切断するなど重傷を負ったそうです。

 
運転手は現場に車を放置して逃走したそうです。付近を通りかかった人が、男女4人のグループが走って逃げるのを目撃しており、府警交通捜査課と淀川署がひき逃げの疑いで捜査しているそうです。

 
調べでは、軽乗用車は村中さんをはねた後、約150メートル東の府道交差点まで引きずって商店街へ左折したそうです。


さらに30メートル前進してようやく停車した。村中さんは顔を中心に全身にすり傷があったそうです。

 
目撃者の証言によると、車に乗っていたとみられる4人組は商店街を北方向に逃走。先頭の男は20〜30歳くらいで長髪、黒いズボンに緑色のTシャツ姿だった。府警が車の所有者の男性に事情を聴いたところ「7月ごろ、知人に譲り渡した」と話しているという。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081018-00000106-san-soci