鹿児島大の歯学部卒業試験で採点を担当した教授のミスで本来なら合格なのに不合格にされ留年させていた事実が明らかになったそうです。8人の人生が大きく変わってしまったことへの償いはどうするのでしょうか。この問題が明らかになったのは試験を受けた学生が納得できないとして、開示された解答から自己採点して判明したそうです。この学生が声を上げなかったらどうなっていたのでしょうか。


鹿児島大は27日、2005、08年度の歯学部卒業試験で採点ミスがあり、男子学生8人を誤って不合格とし、留年させていたと発表したそうです。

 
8人は歯科医師の国家試験を受験できず、新たな学費を負担するなどの被害を受けており、同大は8人の卒業をさかのぼって認めるとともに、金銭補償も検討しているそうです。

 
発表によると、試験はマークシート方式で行われ、05年度は68人、08年度は60人が受けたが、両年度の採点を担当した男性教授(58)のミスで05年度は本来合格していた3人が、08年度は5人が不合格とされたそうです。

 
08年度の試験では、教授がパソコンで学生の答案と解答を照合した際、別の問題の解答で採点するなどしていたそうです。

 
08年度の試験で不合格とされた学生が「納得できない」と、問題と自分の解答を開示するよう要求したそうです。開示された解答を自己採点した結果、ミスが判明したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090828-00000084-yom-soci