損保業界に再編の動きあるようです。三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで業界トップに躍り出るみたいです。



損害保険大手の三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険の3社が09年秋にも経営統合することで最終調整に入ったことが28日明らかになったそうです。


統合が実現すれば、一般事業会社の売上高に当たる保険料収入の合計で東京海上ホールディングスを抜き、損保業界トップのグループが誕生するそうです。



景気後退による市場低迷や金融危機に伴う業績悪化に対応し、経営統合で業務の効率化を進め、競争力を強化する狙いとみられるそうです。



損保業界の勢力図を塗り替える大型再編が実現すると、生命保険や銀行など金融業界全体の再編を加速することも予想されるそうです。

 
1月中にも最終判断するそうです。統合の形式は持ち株会社方式が有力とみられ、将来的には合併も検討するそうです。


統合でシステム効率化などの経営合理化が図るとともに、営業基盤を拡大して競争力を高める効果が期待されるそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081228-00000024-maip-bus_all