東京都がネットカフェ難民を支援するそうです。東京にはおよそ2千人のネットカフェ難民がいるらしいですね。東京都の支援策でネットカフェ難民が減るんでしょうか?注目されます。


住居がなく、インターネットカフェや漫画喫茶などに寝泊まりする、いわゆる「ネットカフェ難民」を対象に、東京都は08年度、賃貸住宅の入居費用などを無利子で貸し付ける支援に乗り出すそうです。


全国の約4割を占める都内のネットカフェ難民に安定した生活を促すのが目的で、自治体としては初の試み。


厚生労働省が07年8月にまとめた調査によると、ネットカフェなどに週の半分以上宿泊する人は、全国で約5400人と推計されるようです。


このうち約2000人が東京23区内に集中していた。彼らに住居を確保できない理由(複数回答)を聞いたところ、▽敷金など初期費用がない(66%)▽家賃を払う安定収入がない(38%)▽保証人ができない(31%)−−を挙げたようです。

 

都の支援策は、正規雇用先を見つけるなど安定的な生活が見込める人を対象に、賃貸住宅の入居費用や当面の生活資金として、最大60万円を無利子で貸し付けるそうです。


また、専用の相談窓口を設け、社会福祉法人などに委託して生活相談や住居探しを手助けするようです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000032-mai-soci