ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:新型プリウス




新型プリウスの受注が11万台を突破したそうです。異例中の異例というくらい注文が入っているそうです。これがキッカケになって日本経済がちょっとでも上向きになればいいのですが・・・


トヨタ自動車は26日、新型ハイブリッド車(HV)「プリウス」の受注台数が25日までに11万台を突破したことを明らかにしたそうです。


18日の発売の時点で先行予約は既に8万台を超えていたが、1週間でさらに受注を伸ばし、HV人気を改めて裏付けた形だそうです。
 


エコカー減税も追い風になり、販売店は活況を呈しているそうです。


愛知県内で63の新車販売店を持つ愛知トヨタ自動車(名古屋市)では、「異例中の異例というくらい注文が入っている」(幹部)といっているそうです。発売後初めての週末だった22−24日の3日間で8000組が来店したそうです。


それまで付き合いのなかった客が約半分を占めるそうです。生産が追いつかないため、今注文しても秋以降の納車になるそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000202-jij-bus_all





新型プリウスが発売されたばかりですが、2,3年後に太陽光で発電した電力を走行モーターの動力源にする機能を追加するそうです。進化を続けるプリウスによりいっそうの期待が集まりますね。燃費ももっとよくなっていくんでしょうね。



トヨタ自動車は2〜3年後をめどに、ハイブリッド車(HV)の新型プリウスに太陽光で発電した電力を走行モーターの動力源とする機能を追加搭載するそうです。



燃費の一層の向上が目的で、実現すれば太陽光を動力源とする世界初の市販車になるそうです。



新型プリウス開発責任者の大塚明彦チーフエンジニアが明らかにしたそうです。



新型は屋根に太陽光パネルを取り付けられ、搭載すればエンジン停止中でも車内を換気できるそうです。



このパネルをバッテリーにつなぎ、モーターの動力源として補助的に使う方向で開発を進めているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000002-maip-bus_all





トヨタの新型プリウスが発表されました。現時点で注文しても納車は5ヶ月待ちだそうです。すごい人気ですね。ホンダのインサイトとプリウスでどちらがハイブリッド車のシェアを拡大するのでしょうか。


トヨタ自動車が18日に発表した新型『プリウス』。現時点で注文した場合、関東にある複数のディーラーに電話で確認したとろ、納車は9月中旬から10月になる見通しだそうです。



発表日以降では、実車を見てから決めるといった顧客からの注文により、さらに受注をのばす可能性があるといい、納期は5か月待ちとみておいたほうがいいでしょう。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000003-rps-ind

↑このページのトップヘ