ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:日本代表


サッカーワールドカップアジア最終予選で、バーレーンに勝った日本代表が勝ち点11でA組首位に立ちました。カタールがウズベキスタンに負けたため、6月6日のウズベキスタン戦に勝てばワールドカップに4大会連続出場が決まるそうです。
ウズベキスタンに勝ってA組1位で本選出場をはたしてほしいです。


サッカーのW杯アジア最終予選は28日、日本と同じA組のカタールがウズベキスタンに0−4で敗れたそうです。


このため、日本は次戦6月6日のウズベキスタン戦に勝てば、W杯4大会連続が決まるそうです。

 
日本は同じく28日、バーレーンに1−0と勝利しました。



勝ち点を11に伸ばし、A組の首位に浮上。2位は勝ち点10でこの日試合がなかったオーストラリア、3位は勝ち点4でウズベキスタン、4位はバーレーン、5位カタールの順位です。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000518-sanspo-socc

WBC日本代表がオーストラリアに11対2と大勝しました。先発の松坂が2点は獲られましたが打線が盛り返して終わってみれば大勝だったそうです。松坂以外の投手陣は好投リレーでオーストラリアに付け入る隙を見せない内容だったそうです。


WBC・強化試合(日本代表11−2豪州代表、25日、京セラドーム)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は前日と同じく豪州代表と強化試合行ない打線が爆発して大勝したそうです。


投手陣も先発の松坂が失点した以外の6投手は無失点に抑える好投を見せたそうです。



先発した日本代表ののエース松坂は一回、連続三振でスタート。不運な連打を浴びニ、三塁のピンチも5番ライジンガーをしっかり空振り三振と冷静な立ち上がりを見せたが、二回に3安打を許し2点を失い降板、不安を残したようです。


しかし、杉内、内海、渡辺、山口、涌井、藤川のリレーでその後は豪州打線を無安打無失点に抑える完璧な内容だったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000523-sanspo-base

今季絶不調の巨人・上原浩治が北京五輪の日本代表に選ばれましたが、「今でも辞退するかどうか悩んでいます。」とショッキングなコメントをしたそうです。確かに先発しても勝てないし、セットアッパーとしての仕事もイマイチな内容ですから自身をなくしているのはよくわかります。しかし、選ばれた以上は持てる力を十二分に発揮してがんばって欲しいと思います。


都内のホテルで17日、会見した巨人・上原は「正直、今でも(辞退するかどうか)悩んでいます」と、衝撃的な告白に及んだそうです。


開幕から5戦に先発し、0勝4敗で2軍落ち。復帰後は抑えに回っているが12日の横浜戦、16日の中日戦と、不安定な投球が続いているようです。


それでも揺るがない星野監督の信頼に「選んでくれたことに応えたいと思う」と、コメント。アテネ五輪が銅メダルに終わったこともあり「ぜひとも金メダルを取りたい」と、宣言したそうです。


一方で「自分だけ(成績を)挙げてないですから。『これでいいのか』という思いはあります」と、心は揺れ動いているそうです。


この日、原監督は「そんなに過保護でどうする」と、上原を今後も抑えとして起用する方針を示唆したそうです。


ただ、8月2日の合宿初日まで11試合が予定されており、ふがいない投球が続けば辞退が現実のものとなるかもしれません。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000022-dal-base

北京五輪野球の星野仙一監督が、不調の巨人上原浩治投手の日本代表入りに太鼓判を押したそうですが大丈夫でしょうか。ちょっと心肺ですね。8月までに上原が復調すれば問題ありませんがどうなるんでしょうか。星野監督は、上原をストッパーとして起用する考えのようですね。


北京五輪野球の日本代表・星野仙一監督(61)が不振のため2軍調整中の巨人・上原浩治投手(33)の「ストッパー起用」を示唆したそうです。


フジテレビ北京五輪スペシャルキャスターを務める古田敦也前ヤクルト監督(42)のインタビューに答えたもので、星野監督は「上原の心臓とテクニックは評価に値する」と話し、上原の代表入りに太鼓判を押したそうです。


星野監督はインタビューで「若い投手がどれだけゲームにしてくれるか。そして川上、岩瀬、上原が万全な抑えをする」とし、上原を予選リーグや決勝トーナメントによって先発、リリーフで使い分ける可能性を明かしたそうです。


さらに、「最終メンバー24人の青写真はかなりブレてきた。去年のアジア予選のメンバーとは4割程度変わる」と人選の悩みを告白したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080510-00000070-sph-base

オシム監督が脳梗塞で入院しました。ワールドカップのアジア地区3次予選が、来年2月から始まるのですが、日本代表監督として復帰できるのでしょうか?


川渕キャプテンも記者会見で「よくなってほしい。」と涙を流しながら答えていたのがとても印象的でした。


W杯予選は、今月25日に南アフリカで行われる国際サッカー連盟(FIFA)の組み合わせ抽選で対戦相手と日程が決まるそうです。



4大会連続のW杯出場を目指し、日本代表には限られた時間しかありません。
日本サッカー協会は重大な決断を早めにしなければいけないのではないでしょうか?


オシム監督の回復をお祈り申し上げます。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000164-mai-socc

↑このページのトップヘ