5月1日からガソリン税の暫定税率復活がほぼ決定しています。4月1ヶ月間だけ夢を見せてもらったような感じでしょうか。5月からは1リットル150円を通り越して160円になるそうです。車を運転するのも控えないといけませんね。景気はますます冷え込んで後退していくでしょうね。



5月1日からのガソリン税(揮発油税など)の暫定税率復活を控え、最後の休日にあたる29日、駆け込み需要がピークを迎えたそうです。


各地の給油所では、「大幅な値上げの前にとりあえず満タンにしたい」とする給油待ちの車が朝から長蛇の列になったそうです。


車の誘導に追われる給油所の店員からは「ガソリンの在庫が持つか心配」との声も出るなど、現場では慌ただしい1日となったようです。


安売りで有名な東京・環状8号線沿いの「ゼネラル」ブランドの給油所(世田谷区)では、朝から車が殺到したそうです。


12本の給油レーンは常に埋まり、給油所の外の道路にはみ出して約40台の車が200メートルほどの列をなしたようです。同店主任は、「売り上げは通常の3割増しに上る見通し」と言ってたそうです。


江東区の「エネオス」ブランドの給油所でも、昼前から街道沿いに伸びる車列が途切れず、「通常は1日2回のタンクローリーの配送をきょうは3回に増やす」(マネジャー)ほど。このほか甲州街道や日光街道など、東京近郊の主要街道沿いの給油所も軒並み給油待ちの車が車道にはみ出しており、「29日は過去最高の販売量になりそうだ」(販売業者社長)と言う。


5月になるとこの反動でばったりと売れなくなるでしょうね。ガソリンスタンドにとっても4月はいろいろと変化がありすぎて大変だったでしょうね。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080429-00000089-jij-bus_all