ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:暴言

光線過敏症の一種で「ポルフィリン症」のために上半身を黒頭巾で隠して自転車の2人乗りしていた高校生が、警察官に自転車を停められ職務質問された際に「お前はタリバンか」と言われショックを受けたそうです。病気について無知だったのかもしれませんが誠に不適切な発言ですね。しかし、2人乗りしていた高校生も反省すべき点はあると思います。




日光を浴びてはいけない「ポルフィリン症」のため、上半身を覆う黒い頭巾(ずきん)を着用していた鳥取県境港市の高校3年男子生徒(18)に対し、米子署員が職務質問の際に「お前は(アフガニスタンの旧支配勢力)タリバンか」と発言していたことが、6日の県議会で明らかになったそうです。

 
議員の指摘を受け、佐藤幸一郎・県警本部長は「不適切だった」と謝罪したそうです。

 
県警などによると、同署員2人が昨年10月28日夕、米子市内で自転車の2人乗りをしていた生徒を見つけ、署員の1人が「その変な格好をしたやつ、止まれ」と呼び止め、「タリバン」との言葉を使い、頭巾をとるよう求めたそうです。


生徒と母親が翌日から2度、同署に抗議、署長らが謝罪したそうです。

 
県警は、この病気を紹介するDVDを県内全署に配布し、病気への理解を深めるよう指示したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000987-yom-soci

給食をおかわりする母子家庭の男子児童に「家で朝ごはんを食べられないから、お分かりするのか?」と差別発言ともいじめ発言とも受け取れる暴言を吐いたそうです。
他にもこの児童に対して傷つける発言や頭を叩くなどの行為を行い担任を外されたそうです。55歳の男性教諭だそうですが教師失格ですね。この児童の心は深く傷ついたでしょうね。


茨城県水戸市内の小学校の男性教諭(55)が、児童を傷つける発言をしたり頭をたたいたりしたとして担任を外されていたそうです。


市教育委員会によると、この教師は給食でおかわりしようとした6年生の男子児童に「家で朝ご飯を食べられないから、おかわりするのか」と発言したそうです。


児童は母子家庭で就学援助を受けていたことからショックを受け、母親が学校に通報した。男性教諭は事実を認め親子に謝罪したそうです。

 
市教委によると男性教諭の「暴言」があったのは昨年の9月下旬だそうです。


給食の時間に6年生の男子児童がおかわりをしたそうです。すると、この教師は「家で朝ご飯を食べられないから、おかわりするのか」と発言したそうです。児童は「食べてきました…」と答えたそうです。

 
この男子児童は母子家庭で就学援助も受けているそうです。家に帰った児童が給食時のやりとりを報告したところ「あまりに配慮のない発言」と母親が激怒したそうです。


学校に通報した。男性教諭は、児童の家庭状況を知った上で発言しており「配慮のない発言をして申し訳なかった」と後日、謝罪したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090207-00000084-sph-soci

泰葉が暴言を吐いた問題でどうやら名誉毀損で訴えられたそうです。本人は「訴状が届いていないので訴えられたかわかりません」と言っているそうですが、暴言問題は法廷での争いになっていくのでしょうか。口は災いの元とはこのことですね。


「金髪ブタ野郎!!」の暴言で時の人となった歌手、泰葉(47)が18日、プロレスのデビュー戦となる「ハッスル・マニア2008」(30日、有明コロシアム)に向けた練習を公開したが、数分でスタッフに制止されて引っ込んでしまったそうです。


注目の対戦相手は、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官が「死ね死ねメールマン」ら8人の名をあげ、「お前が選べ」と話したが、泰葉は「私はこんなフザけた名前は聞いていない」と怒ってリングを降りてしまったそうです。

 
しばらくして泰葉は17日発売の「週刊新潮」で京都の呉服店社長ら3人から名誉棄損で訴えられたと報じられた問題について会見したそうです。

 
「訴状が届いておりませんので、訴えられたかわかりません」としたものの、「原告と言われている方に暴言を吐いたのは事実です。大変汚い言葉を吐きましたし、(週刊新潮に)書かれてあることを言ったのは間違いありません」などと語ったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081218-00000023-ykf-ent

阪神に逆転サヨナラ負けした巨人。押さえのエースクルーンが9回裏2死満塁、フルカウントから、アウトコース低めに自慢の速球を投げ込みましたが、球審の判定はボール、押し出しでサヨナラ負けとなりました。ボールの判定に怒ったクルーンが審判に暴言を吐いて退場処分となりました。クルーン本人は自身満々でストライクだと思ったのでしょう、試合終了後に退場処分となるというのは珍しいケースですね。


9回裏2死満塁、フルカウントから、アウトコース低めに自慢の速球が決まったかに見えました。巨人クルーンはガッツポーズしながら三塁側ベンチへ駆け出そうとした。しかし、球審の手が上がりませんでした。


信じられない判定に、今度は本塁に向かって猛ダッシュ。友寄球審に牙をむきだしにするようにして抗議したクルーンですが判定は覆りません。

今にも殴りかかりそうな迫力がありました。阿部が必死になって止めたが遅かったようです。暴言により、来日して初めての退場処分となったそうです。


試合が終わっても興奮は収まらなかったクルーン。1度はロッカールームに引き揚げたが、再び走ってベンチへ引き返したそうです。


途中で原監督にぶつかりそうになった。ユニホームを脱ぎ、上半身裸でオレンジ色のタオルを首にかけ、肩をいからせながら、大またでバスへと向かったそうです。


「ナーバスになってた? ナーバスになんかなってない。何でだっ。 最後の球? あれはストライクだ。自信がある」。感情をむき出しのまま球場を後にしたそうです。







本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080428-00000031-nks-base

↑このページのトップヘ