ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:木村拓哉

キムタクがドラマ『CHANGE』で演じる朝倉首相と福田首相を比較した報道がアメリカのウォールストリート・ジャーナルでされたそうですが、比較するとになんの意味があるんでしょうか?その報道に対して、町村官房長官が「木村さんと比べたら日本の政治家の誰もが負けますよ」ってこの発言もいまいちよく理解できませんね。


町村信孝官房長官は2日の会見で、1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルがテレビドラマ「CHANGE」(フジテレビ系)で首相役を演じる木村拓哉さんと福田康夫首相を比較した報道に反論したそうです。



同紙はドラマで活躍する首相を紹介する一方、「福田首相の控えめな政治スタイルが国民をいら立たせている」「日本は社会保障制度の立て直しが求められているが、行動を起こさない首相の下、迷走を続けている」などと酷評したそうです。


これに対し、町村氏は福田首相が消費者庁の新設に道筋を付けたことなどを挙げ、「一見ひょうひょうとした物言いをするが、実は大変情熱的な方だ」と持ち上げたそうです・・・




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000073-san-pol

木村拓哉の月9ドラマ「CHANGE」の第2回目視聴率が23%だったそうです。仲間由紀恵の「ごくせん」にまたしてもおよばなかったそうです。「ごくせん」が強すぎるのか。木村拓哉が飽きられてきたのか、「CHANGE」自体が面白くないのか、原因はナンなんでしょうか?


ただ、1話完結の「ごくせん」と続きものの「CHANGE」では比べる対象にはならないような気がしますが・・・・「CHANGE」は回を重ねるごとに視聴率が上がるかもしれませんね。


17日に放送された人気テレビドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)の視聴率は25.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、4月19日の放送開始以来、高い水準を記録しているそうです。


一方、19日に放送された木村拓哉さん主演の「CHANGE」(フジテレビ系)の第2回は23%と高い数字となったが、「ごくせん」には及ばなかったそうです。



「ごくせん」は、任侠集団「大江戸一家」のお嬢様の「ヤンクミ」こと山口久美子(仲間由紀恵さん)が、問題児ぞろいのクラスをまとめていくという物語で、人気マンガが原作です。


一方の「CHANGE」は、平凡な教師だった朝倉(木村さん)が、政治家だった父の死を機に選挙に立候補し、総理大臣になるという物語です。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080520-00000016-maiall-ent

織田裕二は木村拓哉と張り合っているんでしょうか?7月クールの月9ドラマに主演することが決まったそうです。織田裕二自身が張り合っているとは思えませんが、スタッフとかマスコミがそのように煽っているんじゃ無いんでしょうか。


織田裕二(40)が“キムタク超え”にシャカリキになっているそうです。7月クールの「月9ドラマ」(フジテレビ)に主演することが決まったようです。
 

今クールの月9は木村拓哉主演の「CHANGE」(フジテレビ)が5月から放送されます。まだスタートしていないのに、早くもその“後枠”に注目が集まっているそうです。


「織田にとっては04年の『ラストクリスマス』以来、4年ぶりの月9主演になるそうです。タイトルは未定ですが、理髪店を舞台にした物語になる予定のようです。高視聴率を確実視されている『CHANGE』を意識して、織田は今から気合満点です」(テレビ関係者)
 


昨年は、木村の主演ドラマ「華麗なる一族」(TBS)の直後の同じ枠の「冗談じゃない!」に主演。木村が時代劇に初挑戦した映画「武士の一分」に対抗するかのように、織田の「椿三十郎」が公開されました。


ドラマ対決は木村の平均視聴率23.9%に対し、織田は13.4%。映画は木村が興収41億円に対し、織田は12億円と、いずれも木村が上回ったそうです。


今回も劣勢かもしれませんが、 しかし、織田には切り札があります。映画「踊る大捜査線パート3」の製作が決まったのです。98年の映画版第1弾は興収101億円、03年の第2弾は興収173.5億円で実写邦画の歴代1位を記録しました。一時は不可能といわれていた第3弾が実現するとなれば、話題性はハンパじゃないですね。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080426-00000001-gen-ent

木村拓哉の新しい月9ドラマ『CHANGE』で総理大臣を演じるんですね。昔田村正和が総理大臣を演じるドラマがフジテレビでありましたが、あまり視聴率が良くなかったんですよね。キムタクが演じるとどうなるんでしょうか?


SMAPの木村拓哉が内閣総理大臣を演じるフジテレビ系の新“月9”ドラマ『CHANGE』の制作発表会見が9日(水)、都内で行われたそうです。


写真撮影では豪華出演者が赤い絨毯の上に勢揃いし、さながら新内閣のお披露目式のような演出だったそうです。


モーニングスーツで登場した木村は「イメージする政治家はいません。それよりも(木村演じる)朝倉啓太としての首相を演じたい」と独自の内閣を築くことを宣言したそうです。



政治にまったく興味の無い小学校教師・朝倉が、ひょんなことから政治の世界に引きずり込まれ、自身の思惑をよそに首相に任命されてしまうという物語だそうです。


木村は「想像のつかない世界ですけど、敢えてその世界に飛び込んでみようと思った」と出演の経緯を説明したそうです。


また、木村演じる朝倉をサポートする有能な秘書・美山役を演じる深津絵里も「全力で朝倉総理をお支えしたいです。月曜9時を毎週楽しみに待っていてくれるよう、スタッフの皆さんと共に夢を持って頑張りたいです」と笑顔で意気込んだそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000006-oric-ent

4月期スタートのドラマで一番注目の高いと思われる、木村拓哉主演の「CHANGE」が5月12日にスタートするそうです。普通は4月の中旬から下旬にかけて放送が始まるものなんですが、何か「編成上の戦略」があるそうで異例の5月12日からのスタートだそうです。編成上の戦略って何でしょうか気になりますね。


SMAPの木村拓哉(35)が総理大臣役で主演するフジテレビ系「CHANGE」(月曜後9・0)が異例の5月12日にスタートするそうです。


3月31日放送の同局系「SMAP×SMAP08春の豪華スペシャル!!」で告知したそうです。


“月9”の4月期ドラマでは史上初の5月スタート。同局は「編成上の戦略」と説明したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080402-00000033-sanspo-ent

4月からスタートする木村拓哉の月9ドラマ「CHANGE」の主題歌は、マドンナの「マイルズ・アウェイ」になったそうです。木村拓哉が学校の先生からふとしたきっかけで政治家になり、そして総理大臣になるという壮大なドラマだそうです。



米人気歌手、マドンナ(49)が、SMAP・木村拓哉(35)主演のフジテレビ系「CHANGE」(4月スタート、月曜後9・0)の主題歌を手掛けることになったそうです。

マドンナがドラマの内容を聞いて完成させたバラード曲「マイルズ・アウェイ」で、彼女の楽曲がテレビ番組の主題歌になるのは世界初のようです。



関係者によると、スケール感があり、夢や希望にあふれたドラマだからこそ、主題歌も世界的なスケールの大きいアーティストにお願いしたいと制作スタッフは考えたそうです。


そこで、名前が挙がったのがマドンナ。四半世紀にわたってヒット曲を放ち続ける一方で、英映画監督、ガイ・リッチー氏(39)の妻として、2人の子供の母として、そして女優としても、世界中の人々に夢を与え続ける姿に共感したからだそうです。


ドラマも主題歌もヒット間違いなしでしょう。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000032-sanspo-ent

「武士の一分」が全米で4月にも公開されるそうです。タイトルは「Love and Honor」、Honorは光栄、名誉、誠実、正直、道義心、自尊心などの意味がありますから直訳すると「愛と名誉」とか「愛と道義心」っていう意味でしょうか。 


木村拓哉(35)主演のヒット映画「武士の一分」(山田洋次監督)が早ければ4月にも、全米公開されるそうです。


英語タイトルは「Love and Honor」。昨年、米国でも好成績を残した渡辺謙(48)主演「明日の記憶」(堤幸彦監督)の米国公開を手掛けた配給会社イレブン・アーツが、ロスをはじめ、シカゴ、サンフランシスコ、デトロイト、ホノルルなど全米の主要都市の劇場との交渉が最終段階に入っているそうです。

順調にいけば、4月から順次公開されるそうです。木村にとって主演映画の全米公開は初めてだそうです。


時代劇映画「武士の一分」は国内では06年12月から封切られ、興収41億円を記録するヒットとなったそうです。


全米公開は、メガホンをとった山田洋次監督の実績と木村のスター性が決め手となったようです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000014-nks-movi

↑このページのトップヘ