ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:村上春樹






村上春樹さんの新作長編『1Q84』の発行部数が200万部を超えたそうです。すごい勢いで売れている『1Q84』ですが、この村上春樹ブームはまだまだ終わりそうにありません。過去の著作の『ノルウェイの森』は6月以降、文庫が上下巻計63万部、単行本も計3万部を増刷しているそうです。2002年に発表した『海辺のカフカ』(上下巻)も売れているそうです。



村上春樹さんの長編小説『1Q84(いちきゅうはちよん)』(全2巻各1890円、新潮社)が驚異的なペースで売れているそうです。



「BOOK1」と「BOOK2」を合わせた発行部数は今月200万部を超え、いまだに勢いは衰えないそうです。


その余波で、村上さんの既刊が大幅に増刷となったほか、作中に登場した文学やクラシック曲までが突然売れ始めるという思わぬ経済効果も生み出したそうです。



爆発的なセールスの背景は何か。5年ぶりの長編に対する期待やエルサレム賞の受賞スピーチなど社会的関心の高まりに加え、出版ニュース社の清田義昭代表は「ハングリーマーケットを作ったことで読者の期待感が高まった」と説明しているそうです。

 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090722-00000062-san-soci






村上春樹の新作「1Q84」がわずか12日間で発行部数が100万部を突破したそうです。すごい勢いで売れてますね。1冊1890円で100万部売れると約19億円の売り上げになります。印税が10%として村上春樹の印税収入は1億9000万円ということになります。今後どこまで売上を伸ばすのか興味がありますね。ちなみに「ノルウェイの森」は900万部だったそうです。


作家村上春樹さんの新作長編小説「1Q84」(全2巻)について、発行元の新潮社は9日、7度目の重版(8刷)を決めたそうです。


全国発売から12日間で発行部数は1巻56万部、2巻50万部の計106万部となったそうです。


同作品は発売前から注文が殺到し、品切れとなる書店が続出していたそうです。


前例のない売れ行きの理由について、同社は「村上氏への社会的関心が高まっていることと、発売前に本の内容に関する情報を一切開示しなかったことで期待が大きくなった」(広報宣伝部)と分析しているそうです。 


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000088-jij-soci






「1Q84」とは村上春樹の新作長編です。5月29日に発売され発売日に4刷68万部だそうで、出版社の新潮社は「史上空前の記録」と言っているそうです。「1Q84」は1984年の東京が舞台で「青豆」と呼ばれる女性と「天吾」という作家志望の予備校教師の二人の物語が交互に語られページが進むにつれ交錯していく
そうです。ベストセラーとSEXカルト教団が関係しているそうです。


村上春樹さんの新作長編小説「1Q84」(全2巻)が全国の書店に並んだ29日、出版元の新潮社は3度目の増刷を決め、部数は累計で68万部に上ったそうです。


発売日に4刷68万部という数字について、同社広報宣伝部は「新潮社史上空前の記録」としているそうです。

 
「1Q84」は村上さんの5年ぶりの長編で、初版は2巻合わせて38万部だそうです。


予約が殺到したため22、28、29日に10万部ずつの増刷が決まったそうです。


1984年の日本を舞台にカルト教団の謎を描いているが、同社は発売前に内容を一切公表しなかった。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000081-mai-soci




作家村上春樹の新作長編「1Q84」が5月29日に発売されるそうですが、発売前から予約が殺到している状態で、1巻が25万部、2巻が23万部発行されるそうです。発売前からすでにベストセラーが決まっているようですね。あらすじや内容などについて一切公表されていないそうで、村上春樹は「予断を持たずに読んでほしい」と言っているそうです。来年には「ノルウェイの森」の映画も公開される予定ですから、村上春樹フィーバーが続くかもしれませんね。



29日に発売の作家、村上春樹さんの7年ぶりの2巻組み長編「1Q84」について、発行元の新潮社は26日、予約が殺到しているため発売前から増刷を決め、発行部数が1巻25万部、2巻23万部になったと明らかにしたそうです。

 
インターネット通販大手のアマゾンジャパンでも、ネット書籍ストアでの予約が1万冊を突破しているそうです。

 
初版は1巻20万部、2巻18万部で、各5万部の増刷するそうです。



同書の内容は、著者の「予断を持たずに読んでほしい」との意向で明らかにされていないそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000559-san-ent

↑このページのトップヘ