ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:東京海上

世界的金融危機で東京海上ホールディングスも1234億円の有価証券評価損を計上するそうです。2008年度決算は赤字に転落する可能性もあるそうです。


東京海上ホールディングス(HD)は4日、2008年10〜12月期連結決算で1234億円の有価証券評価損を計上すると発表したそうです。


世界的な金融危機の深刻化で、昨秋以降に株価が急激に下落したことにともない、保有する株式の含み損が拡大したことが響いたそうです。


このため、今月中旬発表予定の4〜12月期決算で、最終赤字に転落する可能性も出てきたそうです。

 
4〜12月期累計の有価証券評価損は1551億円に膨らんだそうです。


昨年11月に発表した中間連結決算段階での評価損は、316億円だったが、9月の米リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)をきっかけに株式市況が急速に悪化し、損失が拡大したそうです。

 
09年3月期の最終利益予想(420億円)を下方修正するかどうかは、現在検討中としているそうです。


ただ、株価の低迷が続けば、相場変動に備えて積み立てている準備金を取り崩さない限り、最終赤字転落は避けられそうもないようです。


そうなれば、旧東京海上火災保険時代の1948年3月期以来、61年ぶりの赤字転落になるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000029-fsi-bus_all

東京海上HD(ホールディングス)がアメリカ中堅損保会社のフィラデルフィア・コンソリデーティッドを買収したそうです。買収額は約4987億円で日本の保険会社による海外M&Aでは過去最大規模になるそうです。隅修三社長は会見で、「買収は友好的なもので、強力なパートナーを有し、世界トップクラスの保険会社を目指す」と語ったそうです。



損害保険最大手の東京海上日動火災保険を傘下にもつ東京海上ホールディングス(HD)は23日、米中堅損害保険のフィラデルフィア・コンソリデーティッド(ペンシルベニア州)を買収し、完全子会社化すると発表したそうです。


買収額は47億500万ドル(約4987億円)で、日本の保険会社による海外M&A(企業の合併・買収)では過去最大規模となるそうです。


 
東京海上日動火災保険を通じてフィラデルフィア社の発行済み株式を100%取得し、2008年第4四半期(10〜12月)中に買収手続きを終えるそうです。


フィラデルフィア社は持ち株会社で、07年の収入保険料は16億9200万ドル。全米では中堅クラスだが、高い収益力を誇り、米ナスダック市場に上場しているそうです。


 
商品や顧客基盤の相互活用など業務展開は今後詰める。東京海上HDは世界最大の保険市場である米国での事業展開を加速させる考えだそうです。


東京海上HDは今年3月には英系保険グループのキルンも子会社化しており、3社共同での事業も検討するそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000945-san-bus_all

ガソリンは値上がる、食品も値上がる本当に庶民の生活は苦しくなる一方ですが、今度は自動車保険も値上がりするそうです。損害保険大手の東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険が7月から自動車保険の保険料を引き上げるそうです。交通事故死亡者数は減少しているのになぜか値上がりになるんですね。


引き上げ幅の平均は東京海上で1・5%程度、三井住友海上では1%強となるそうです。東京海上が自動車保険の保険料を大幅に見直すのはほぼ6年ぶりとなるそうです。


損害保険ジャパンは4月から約1%の引き上げを実施済みだそうです。自動車保険料は、保険料収入全体の約4割を占める中核分野であるにもかかわらず、収入が減少傾向にあるそうです。


国内の自動車販売台数の落ち込みで契約件数が減っているほか、少子高齢化などで保険料が割高な若年ドライバーが減るなど、契約ごとの保険料収入も目減りしているためだそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000006-yom-bus_all

↑このページのトップヘ