ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:松村邦洋



二流芸能人として超一流の出川哲朗が初の冠番組『出川哲朗の俺をおいしくろ!』
でMCを始めるそうです。普通はMCがゲストをおいしくいじるんですが、この番組は真逆でゲストが出川哲朗をおいしくいじるそうです。いまいちよくわかりませんね。記念する第1回目のゲストは松村邦洋だそうです。



お笑いタレントの出川哲朗が、初の冠番組である『出川哲朗の俺をおいしくしろ!』(23日後2:00〜)をインターネット放送局・アメーバスタジオでスタートするそうです。


20日付の公式ブログでも、出川は「ゲストが俺をおいしくするという画期的番組だ 第1回目のゲストは松村邦洋 元気になった松っちゃんとくだらないトークだ よかったら観てくれ!」と力強くアピールしているそうです。



夢は「単独司会のレギュラー番組を持つこと」と常々語っていた出川の、初となる冠番組だそうです。


『出川哲朗の俺をおいしくしろ!』のタイトル通り、番組では「毎回ゲストをお招きして、その名の通りゲストがつっこみ、MCがおいしくなるという前代未聞の番組」だそうです。


第1回目のゲストは、3月22日に開催された『東京マラソン2009』に出場した際、急性心筋梗塞による心室細動で一時意識消失に陥るも、見事復帰を果たした松村が登場するそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000004-oric-ent


お笑いタレントの松村邦洋が一時は心肺停止状態で危険な状況だったそうですが無事に退院してきたそうです。会見で「芸能年齢よりも寿命を重視したい」とのことでデブキャラ卒業宣言したそうです。今後は健康に気をつけながらダイエットをして体重を落としていくんでしょうか。


先月22日に行われた『東京マラソン2009』に出場中、急性心筋梗塞で倒れ緊急入院していたお笑いタレントの松村邦洋が3日(金)、無事に退院し、東京・有楽町のニッポン放送で復帰会見を行ったそうです。


一時は心肺停止状態という危険な状況だった松村は「自分の不注意でこうなってしまいまして・・・三途の川を渡りましたが、こうして帰ってこれたことに喜んでおります」と冒頭であいさつしたそうです。


「芸能年齢よりも寿命を重視したい」と“デブキャラ”を後輩に託すと話したそうです。


入院前は103キロあったという松村だが「1日1800キロカロリーの病院食を食べただけで、運動をしていないのに99.7キロまで落ちた」と報告したそうです。


体調は「前よりよくなったぐらい。奇跡的になんともないです」と無事を報告し「デブタレントはガリガリガリクソンや内山(信二)君にゆずります」と自身はより健康に気を遣うと誓ったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090403-00000002-oric-ent


急性心筋梗塞による心室細動で東京マラソン参加中に倒れた松村邦洋が一時は命が危険な状態だったそうですが、その後の様態は経過が良好で意識もハッキリしているそうです。元気な姿でまたモノマネを見せて欲しいですね。


22日(日)に開催された『東京マラソン2009』に参加しレース中に倒れたお笑いタレントの松村邦洋について、所属事務所が26日(木)、その後の容体について「経過は良好で、現在では意識もはっきりしています」とFAXで報告したそうです。



急性心筋梗塞による心室細動で『東京マラソン2009』参加中に一時意識消失に陥った松村について所属事務所は、「一時的に鎮静処置を行っていましたが、経過は良好で、現在では意識もはっきりしている」と説明したそうです。


「生命の危機と言える状況でしたが、担当医によりますと、現在までのところ合併症もなく、良好な状態であるとの事です。しかしながら、まだ急性期にあたるものですから、今後も経過を見なければならず、身体に負担のかからない安静状態が必要」とのことだそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090326-00000022-oric-ent


お笑いタレントの松村邦洋が東京マラソン参加中に意識不明で倒れたのは、急性心筋梗塞だったそうです。現在も集中治療室で眠らされているそうです。合併症などの危険があるそうです。何とか快復することを祈ります。


22日に行われた東京マラソンに出場し、意識不明で一時心肺停止状態と伝えられたタレント、松村邦洋(41)の病状は、急性心筋梗塞(こうそく)による心室細動だったそうです。


所属事務所が発表したそうです。都内の病院に入院中の松村は現在、医師による処置で眠らされた状態だそうです。


事務所は「心疾患には合併症を伴う危険性があり、現時点では確定した情報を伝えることができない」と話しているそうです。

 
号砲から約2時間20分後、15キロ地点手前で突然倒れ、救急車で都内の病院に運ばれた松村邦洋。


一夜明けたこの日、所属事務所の太田プロがファクスなどで現状を報告したそうです。

 
同プロによると、病院で検査と処置を受けた結果、意識消失は急性心筋梗塞による心室細動が原因だったことが判明したそうです。


搬送中に一時、意識を取り戻したものの、入院以来、集中治療室(ICU)に入ったままで、現在医師によって鎮静処置を施され、眠っている状態だそうです。この日は一度も目を覚ましていないそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000045-sanspo-ent


東京マラソン中に意識不明で倒れたお笑いタレント・松村邦洋の病状は急性心筋梗塞だったそうです。倒れたときは心停止の状態でかなり危険だったそうですが、今では意識もあり命に別状は無いみたいです。やはり太りすぎが原因のようですね。


22日(日)に開催された東京マラソンに出場した際、意識を失い病院に搬送、一時は心肺停止と伝えられたお笑いタレント・松村邦洋の病状について、所属事務所が23日(月)、ファックスにて「急性心筋梗塞による心室細動が原因」であったと明らかにしたそうです。



所属事務所は「この度はご報告が遅くなり、誠に申し訳ございません」と陳謝した上で「3月22日午前11時25分頃、品川区高輪にて、マラソン中に一時立ち止まり、ストレッチしようとした時に突然意識消失いたしました」と当時の状況を説明したそうです。


現在は意識も取り戻しているが、心疾患の検査措置には安静状態が必要なため医師による鎮静措置を施しているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000009-oric-ent


東京マラソンには芸能界やスポーツ界の有名人が多数参加していたようですね。タレントの松村邦洋も参加していたそうですがスタートして14.7キロ地点で意識を失って病院に搬送されたそうです。命に別状はなかったそうで、昨年に引き続いて途中棄権になってしまったんですね。


警視庁によると、22日の東京マラソンに参加していたタレントの松村邦洋さん(41)が意識を失い、病院に搬送されたそうです。現在は意識が回復し、命に別条はないそうです。



同庁によると、松村さんはスタート地点から14・7キロの港区高輪2丁目付近で、突然倒れたそうです。

 
所属事務所のホームページによると、松村さんは身長164センチで体重は128キロだそうです。


昨年2月の東京マラソンでは、35キロ地点で制限時間の5時間半を超え失格となったが、昨年7月にオーストラリアで行われた「ゴールド・コーストマラソン2008」では、制限時間内の6時間51分40秒で完走し、初めて公式記録に名前を刻んでいたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090322-00000545-san-soci

ものまねタレントの松村邦洋がオーストラリアの「ゴールド・コーストマラソン2008」に挑戦して42.195kmを6時間51分40秒で完走したそうです。でぶキャラタレントでスポーツとは縁遠い感じですが、フルマラソンに挑戦するのは3回目だそうです。


体重100キロのタレント松村邦洋(40)が、オーストラリアの「ゴールド・コーストマラソン2008」で、制限時間の7時間10分を切る6時間51分40秒で完走し、初めて公式記録に名前を刻んだそうです。


フルマラソン初挑戦の昨年の同大会は、9時間9分6秒で制限時間をオーバーしての完走だったそうです。


今年2月の東京マラソンでは、35キロ地点で5時間半を超え失格となったそうです。


「3度目の正直です。32キロ地点で仲間が応援してくれて『ランナーズ・ハイ』のような感じで、疲れなく走れた。さすがに最後の1キロはつらかったけど何とも言えないうれしい気持ちです」。


今回はTBS「さまぁ〜ずINゴールドコースト」(8月3日午後2時)の企画で参加したそうです。


和田からは「大きいことをやり遂げることは必ず糧になる」と励まされたそうです。


トレーナーの「1キロ減量すると3分短縮できる」の指示で4月に8キロ減量し、100キロまで落としたそうです。5月から本格的に走り込み、1日で30キロ走った日もあったそうです。


 
昨年はすぐに歩き「景色見てピクニックのようだった」と振り返るが、今年は走り続け、参加者を抜くことも初体験したそうです。


「石塚(英彦)さんや内山(信二)君も一緒に走りたいです。機会があれば6時間半で走りたい」と、すっかりデブキャラ随一のランナーになっていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000007-nks-ent

↑このページのトップヘ