ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:楽天

前回の楽天戦で2点ビハインド9回2死1塁の場面で2塁盗塁を刺されて試合終了し、野村監督に「バッカじゃなかろうか!ルンバ!」と馬鹿にされた原巨人が、リベンジ目的で楽天と対戦しましたが岩隈に完封負けを食らい原監督は怒り心頭のようです。今回の試合も走塁でミズがあったようです。


巨人ベンチは八回一死一、二塁で重盗を企てたが、一走の木村拓が自重(二走の鈴木尚は三盗)。直後に小笠原が併殺打に倒れたそうです。


原監督は「(一塁コーチの)福王を怒ったけど、コーチのボーンヘッド」とカンカンだったそうです。


福王コーチは「スタートを切れなかったということ」とだけ話したそうです。



前回の楽天戦では2点ビハインドの九回二死一塁で矢野が二盗失敗。野村監督に皮肉られたが、その復讐に失敗して気まずい空気が漂ったそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080615-00000952-san-spo

楽天のエース岩隈がナイスピッチングで連敗を3で止めたそうです。逆に巨人は2連敗で借金2です。完封負けですからいいところが全くなく、グライシンガーも3回で降板とダメダメですね。


楽天が岩隈の好投で連敗を3で止めたそうです。三回に草野と山崎武の連続長短打で3得点。草野は「練習通りの打撃ができた」。岩隈は今季2度目の完封勝利を3度目の無四球投球で飾り、リーグ10勝一番乗り。巨人はグライシンガーが来日最短の三回途中降板。打線もつながりを欠いたそうです。



最速150キロの直球と切れのいい変化球を制球よく自在に操り、巨人打線に凡打の山を築かせた。ピンチらしいピンチは八回。1死一、二塁で小笠原を迎えた。2球目に三盗を許し、1点は覚悟したという。だが、小笠原を内角低めの直球で二ゴロ併殺打に打ち取ったそうです。


こうなると意識するのは完封勝利だ。九回も進んで続投して4番以下をあっさり料理。「集中して投げることができた」と、3月27日のオリックス戦以来今季2度目の無四球完封でチームの連敗を止め、エースの役割を果たしたそうです。


2けた勝利は近鉄時代の04年以来。楽天では初めてだ。ここ数年、故障に悩まされてきただけに、「今まで迷惑をかけた。チームに10勝をプレゼントできた」と笑顔を見せたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080615-00000038-mai-base

楽天が巨人に勝ちました。2点リードの九回、二死一塁から矢野が盗塁死で試合終了しました。2点差なのでランナーをためたい場面での盗塁失敗を見て「バカじゃなかろ〜か、ルンバ!!」と、満面の笑みを浮かべ、皮肉交じりの鼻歌で会見場に登場したそうです。


巨人から会心の勝利ですね。東京ドームの連敗を3で止め、交流戦の首位タイをキープしました。

上機嫌の楽天・野村監督はこれでもかとばかりに、“巨大戦力”を皮肉ったそうです。
 

相手のミスによるあっけない幕切れに、ノムさんの笑いが止まらなくなったようです。2点リードの九回、二死一塁から矢野が盗塁死で試合終了。「バカじゃなかろ〜か、ルンバ!!」。満面の笑みを浮かべ、皮肉交じりの鼻歌で会見場に登場したそうです。


走者をためたい場面での盗塁死に「分かんねえなあ。今日は解説が難しいんじゃない?1点なら盗塁も分からないでもない。(矢野が)勝手に行ったんだろう。普通は走らせないだろ」と、首をひねったそうです。


“猛口撃”は止まらない。四回、カウント2-0から山崎武が放った同点弾にも触れ「空振り、空振りでゴーン(本塁打)か。巨人は面白い野球するねえ。野球は意外性のスポーツだよ」と、阿部の配球を鼻で笑ったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000018-dal-base

巨人が楽天に勝ち3連勝で今季初めて5割の勝率になりました。中日、阪神の背中はまだまだ遠いけど、貯金を増やすことができるでしょうか?


巨人は投打がかみ合って快勝し、6度目の挑戦で今季初の5割到達しました。


3連勝で交流戦首位タイに浮上したようです。谷、阿部の本塁打で楽天・長谷部を攻略すると、内海が尻上がりに調子を上げ、今季チーム初の完投勝利で3勝目です。楽天は初先発の長谷部の制球が甘く、4連勝でストップしました。
  

巨人先発の内海には雪辱のマウンドだったんですね。前回21日のロッテ戦。4点リードの五回2死という勝利投手の権利を得るまであと1死の場面で交代を告げられました。「あの悔しさをぶつけた」と、前回とは別人の快投を見せたようです。


立ち上がりから直球が走っていました。14勝した昨年のフォームを確認し、ためをうまく作る足の上げ方に修正し、「まずは五回まで」と全力で飛ばしたようです。


直球が良ければチェンジアップも生きる。緩急をつけ、持ち味のテンポの良い投球で楽天打線を抑えました。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000120-mai-base

楽天が野茂英雄投手と交渉中という報道はガセネタかもしれません。野村監督は「聞いてない。興味?全然ない」と否定したそうです。団野村氏も「事実無根」とコメントしたそうです。野茂英雄投手はこのまま引退になってしまうんでしょうか?


大リーグ・ロイヤルズを自由契約となった野茂英雄投手(39)が、日本に一時帰国しているそうです。


4月20日にロ軍から戦力外通告を受け、その後ウエーバー公示を経て自由契約となったが、米国内では獲得に乗り出す球団はなかったそうです。


一方で横浜が獲得に前向きな姿勢を見せたことなどもあり、自宅のあるロサンゼルスから日本球界の動静を探る意味もあって先週、帰国したようです。



ただこの日、一部で報じられた楽天との交渉について野村監督は「聞いてない。興味?全然ない」と否定したそうです。


長男で、代理人の団野村氏とは11日のロッテ戦(千葉マリン)で会ったが「野茂の“の”の字も出なかった。マイナーで投げていたビデオを見たけど、もう終わっている選手だよ」と感想を述べていたそうです。また、団氏も「事実無根」とコメントしたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080513-00000009-spn-spo

野茂英雄投手が楽天に入団するかもしれません。すでに交渉中だそうです。楽天入りが決まれば14年ぶりに日本プロ野球界への復帰となります。野茂英雄ファンとしてはうれしいニュースですね。


ロイヤルズを自由契約となった野茂英雄投手(39)の楽天入りが11日、急浮上したそうです。


右腕の獲得に乗り出していることが明らかになったようです。1995年のドジャース移籍以来、実に14年ぶりの日本球界復帰。“野村再生工場”でトルネードが蘇るかもしれません。


トルネードが日本に帰ってきます。移籍先は楽天のようです。米大リーグ関係者によれば「すでに交渉に入っている」そうです。


今季の野茂はマイナー契約を交わしたロイヤルズでキャンプイン。中継ぎに初挑戦し、4月10日(日本時間11日)のヤンキース戦(カンザスシティー)では、1000日ぶりのメジャー登板を果たしました。


しかし、球威不足もあり、3試合(計4回1/3)で3本塁打を含む10安打9失点の防御率18.69。4月20日(同21日)に戦力外通告を受け、同29日(同30日)に自由契約となり、他球団との交渉が可能になっていたそうです。



複数の日米関係者によれば、すでに野茂も日本球界復帰を了承済みのようです。シーズンも5月に入っており、20日からの交流戦を前に今週中にも入団が発表される可能性もあるそうです。


野村監督は、選手を蘇らせることに関しては“再生工場”の異名を持つほど定評がある。引退濃厚といわれたトルネードが杜の都・仙台で復活するかもしれません。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080512-00000003-sanspo-spo

楽天の強さは本物ですね。7連勝の球団新記録を更新しました。ソフトバンクが負けたために単独首位に浮上しました。投げてはエースの岩隈が7回を無失点に抑えて
山崎武の300号メモリアルアーチを含み2打席連続ホームランなどで9点を奪い圧勝です。野村監督もニコニコ顔でしたね、


楽天がロッテに3連勝し、連勝を7に伸ばした。先発の岩隈久志投手(26)が7回を2安打無失点に抑えれば、攻めては山崎武内野手(39)の2打席連続本塁打、ホセ・フェルナンデス内野手(33)の2ランなど6回までに9点を奪い圧勝しました。


貯金は3となり球団記録を更新しソフトバンクが負けたので単独首位です。開幕4連敗の後の7連勝、連勝記録をどこまで伸ばすのか楽しみですね。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000027-nks_fl-base

↑このページのトップヘ