ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:決定




フライ級チャンピオンの内藤大助と亀田興毅の対戦が決まったそうです。ドリームマッチがついに実現するんですね。内藤大助と亀田興毅はどちらが強いのでしょうか。今からとても楽しみですが、試合の日時などはまだ決まっていないそうです。


世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)が、6度目の防衛戦を世界ボクシング協会(WBA)元ライトフライ級王者で同フライ級1位の亀田興毅(亀田)と行うことが25日、両選手のジムから発表されたそうです。


両ジムとWBC、日本ボクシングコミッション(JBC)が合意したそうです。


試合日時などは調整中で、近く記者会見で正式発表されるそうです。


内藤は2007年10月に亀田興の弟、大毅と対戦し、反則行為を受けながら初防衛したそうです。その後も4度防衛しました。
 

亀田興毅は世界戦に先駆け、9月5日に東京でノンタイトル10回戦を行うことが決まっているそうです。


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000196-jij-spo

永ちゃんの愛娘yukoさんがボーカリストとしてデビューするそうです。12歳から18歳までロサンゼルスでボイストレーニングを受けて、日本に帰国後にメジャーデビューを視野に入れて活動してきたそうです。歌声を早く聴いてみたいですね。



歌手の矢沢永吉さん(58)の娘yokoさん(22)が、ユニット「the generous(ジェネラス)」のボーカリストとしてデビューするそうです。


10月29日にデビュー作となるミニアルバムがエイベックスから発売されるそうです。



yukoさんは、12歳から18歳まで米・ロサンゼルスで暮らし、マイケル・ジャクソンさんなどのボイストレーナーを務めたセス・リグスさんに学んだそうです。


04年の帰国後は、大学生活を送り、ライブやデモテープ作りなど、メジャー始動を視野に入れ活動してきたそうです。


 
バンド名は、先人のエンターテインメント遺伝子(gene)を受け継ぎ、新しいスタンダード(general)を構築するという意味を込めたそうです。



アルバム収録曲は、インターネットショッピングサイト「フジテレビフラワーネット」のテレビCM曲に10月から起用されるほか、今秋テレビ放送が決まったアニメ「スキップ・ビート!」のオープニング曲のタイアップが決定しているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000000-maiall-ent

『釣りキチ三平』が実写版で映画化されるそうです。釣りのシーンが難しいためにこれまでに何度か映画化の企画があったそうですが実現しなかったそうです。今回VFXなどを駆使して釣りシーンに挑むみたいです。


1973年から10年にわたり週刊少年マガジン(講談社)の看板作品として連載され、単行本の累計販売部数は4000万部を誇る日本を代表する釣り漫画『釣りキチ三平』がついに実写映画化されるそうです。


キャストは、主人公・三平が須賀健太、三平の祖父・一平が渡瀬恒彦、釣り名人・魚紳が塚本高史に決定だそうです。


撮影は7月末より秋田で行われ、公開は来年春の予定だそうです。


原作者の矢口高雄は「人間の思惑とは相容れない魚が対象であり、千変万化する大自然がフィールド。その困難なハードルに挑もうという方々が現れました」とあふれる期待感を抑えながらコメントしているそうです。



ハリウッドを含め、これまでに何度か実写映画化の企画がもちあがっていた『釣りキチ三平』だが、過去には一度も実現に至っていなかったそうです。



その背景には、三平のドラマを成立させるうえでもっとも重要な「釣り」の実写の難しさがあるからだそうです。



今回、そんな困難に立ち向かおうというのが、『僕らはみんな生きている』(1993年)でブルーリボン賞監督賞を受賞、『壬生義士伝』(2003年)で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した滝田洋二郎監督。脚本は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、テレビドラマ『相棒』シリーズ、『キサラギ』(2007年)などを手がけた古沢良太が担当するそうです。


VFXは、『相棒−劇場版−』、『踊る大捜査線』シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどで知られる日本を代表するVFXクリエイター集団・白組が手がけるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000030-oric-ent

エド・はるみが毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ31 愛は地球を救う』のチャリティーマラソンランナーに決定したそうです。『ズームイン!!SUPER』で昨年のランナーだった萩本欽一さんから突然告げられたそうです。


ビックリした様子でしたが、いつかこのマラソンランナーになりたいという夢を持って6年前から練習していたそうです。どのような走りを見せてくれるのでしょうか楽しみですね。『グ〜!』な走りを期待します。



お笑いタレントのエド・はるみが日本テレビ系『24時間テレビ31 愛は地球を救う』(8月30日(土)よる6時30分スタート)で恒例の“チャリティーマラソン”に挑戦することが19日(木)朝、同局の『ズームイン!!SUPER』で生発表されたそうです。


昨年のランナーを務めた萩本欽一から「今年のマラソンランナーはあなたに決定です!」と突然告げられたエドは何度も「えっ!?本当ですか?」と信じられない様子だったそうです。


実は、同マラソンに出場したいという夢を持っており、6年前から「勝手に走って練習してました。HPにも、そのことを書いていて(スタッフに)いつか目に触れて欲しいと思っていた」と驚きの表情を浮かべながら率直な感想を語ったそうです。


だが、今の気分を聞かれるとすかさず「グ〜!」とお決まりのギャグを披露したそうです。


その後、遅咲き芸人らしく「コツコツやれば叶うものもあるんだと思っていた」と萩本も「頑張れる人だと思うよ!」と嬉し涙する一幕もあったそうです。


萩本も「生きてきた40年を思い出しながら走って!沿道の皆さんからたくさん言葉をもらえて、走り方を教えてもらえる。ゴールした時の画は持っているんだからね!」とエールを送ったそうです。


ラストには、エドが萩本にゴール地点となる日本武道館で“グ〜”ポーズでの合体を熱望していたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000000-oric-ent

↑このページのトップヘ