ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:沖縄県




新型インフルエンザが徐々に流行しつつありますが、沖縄県で乳児と8歳男児と47歳男性が重症になったそうです。47歳男性は重度の慢性腎不全で8歳男児は過去に軽い脳性まひを起こしたことがあったそうです。


沖縄県は24日、新型インフルエンザに感染した県内在住の男性(47)と男児(8)、10カ月の乳児の計3人が重症になったと発表したそうです。


男児は回復の兆しを見せているが、男性は肺炎を併発し意識不明で、脳症の疑いもあるそうです。


乳児は男の子で肺炎を起こし、症状は悪化しているそうです。
 


県によると、男性は重度の慢性腎不全で、男児は過去に軽い脳性まひを起こしたことがあったが、乳児には基礎疾患はなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000245-jij-soci





沖縄県で逮捕された暴走族の男1名が手錠をかけられたままスキを見て逃走したそうです。今もまだ捕まっていないそうですが、手錠をかけられたままなのですぐに捕まるでしょうね。ところで以前、沖縄では暴走族のことを「ダサイ族」と名称を変えるニュースを見たのですが、本当にそのように変えるのでしょうか。



11日午前3時10分頃、沖縄県名護市宮里の国道58号で、県警名護署員が、信号無視して交差点に進入した暴走族のオートバイ(2人乗り)の男を道交法違反(信号無視)容疑で現行犯逮捕したそうです。

 

その直後、歩道で暴走族を見物していた若者約50人と署員がもみ合いになり、男は右手に手錠をかけられた状態で走って逃げたそうです。

 

発表によると、現場では署員12人が暴走族を取り締まっていた。オートバイは信号を無視し、対向車線に進入し、パトカーが進路をふさいだところ転倒したそうです。



署員が男を取り押さえると、見物していた若者らが一斉に集まり連行を妨害したそうです。男はすきを見て逃げたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090811-00001017-yom-soci





沖縄県の宜野湾署で暴走族のイメージダウンをねらって「暴走族」を「ダサイ族」にネーミングを変更することにしたそうです。ネーミング選考会でいろいろな案が出ていたそうです。「迷惑族」「珍走団」「爆笑族」「よわむし族」「ゴキブリ族」「ダサイ族」など多数の意見が寄せられた中で「ダサイ族」に決まったそうです。そのネーミングがダサイと思いますが、個人的には「珍走団」が面白くていいんじゃないかなぁと思ったりします。これで暴走族が減ったりすれば全国的に「ダサイ族」に変わるかもしれませんね。



暴走族はダサイ族―。公道で爆音を響かせたり蛇行運転を繰り返したりして市民生活を脅かす暴走族のイメージダウンを狙い、宜野湾署(安村清正署長)は5月26日、同署でネーミング選考会を開き、新たな名称に「ダサイ族」を決定したそうです。
 


宜野湾署管内の小中校生や同署職員などから685点の応募が寄せられ、同署や宜野湾市、市内各種団体の役員ら10人が選考委員として出席したそうです。
 

第1次選考で「迷惑族」「珍走団」「爆笑族」など26点に絞り込み、第2次選考で「よわむし族」「ゴキブリ族」「ダサイ族」の3点を抽出したそうです。



名称のインパクトや人権なども考慮した結果、全会一致で「ダサイ族」に決まったそうです。
 


同署では今後、暴走族の名を「ダサイ族」に改めるほか、標語を募集したり立て看板を設置したりなどして管内住民への周知に力を入れることにしているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000007-ryu-oki

↑このページのトップヘ