ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:無断使用問題




眞鍋かをりの選挙ポスター騒動は鎮静化したかと思っていたら、まだまだくすぶっているようです。事務所側は写真掲載を許可したと報道されていましたが、どうやら間違いだったそうです。事務所側は一切許可していないと完全否定したそうです。もう何がなんだかよくわかりませんね。結局仲介役に入ったイベント会社の社長がいけないのでしょうか?


衆院選静岡7区に出馬予定の城内実氏(44)の選挙ポスターにタレントの眞鍋かをりさん(28)が起用されていた問題で、眞鍋さんの所属事務所である「アヴィラ」が公式ホームページを2009年8月1日付で更新し、「掲載許可は一切出しておりません」と完全否定したそうです。



スポーツ紙など一部では、眞鍋さんの所属事務所が城内氏の後援会に対して事前に使用の承諾をしていた、と報じられたが、これに反論した形だそうです。



 
眞鍋さんと城内氏の仲介役となったイベント会社の社長が7月31日にマスコミへファクスを流し、この中で経緯を説明したそうです。



これによると約1年前、両者が城内氏のホームページ用に対談を行ったことが縁で、同社長が両者の仲介役となり、眞鍋さんの写真を入手、その使用許可を得たそうです。


また同社長は、説明不足により眞鍋さん側に正確な意図が伝わらなかったことを謝罪したそうです。


同日には城内氏も選挙ポスターの撤去を決めており、事態は沈静化したかに見えたそうです。

 

しかし、8月1日に眞鍋さんの所属事務所である「アヴィラ」は、代表取締役の原徹氏名義でホームページを更新したそうです。



「31日付でイベント会社『オフィスプロペラ』側がマスコミ各位に送達した文章について、当社として2点ご説明申し上げます」と前置きし、「アヴィラはオフィスプロペラに対し、ポスターおよびインターネット上での眞鍋かをりの掲載許可は一切しておりません」とファクスの内容を完全否定したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090802-00000001-jct-soci






眞鍋かをりの写真が選挙用のポスターに掲載されていた問題で、実は眞鍋かをりの事務所が写真使用を許可していたそうです。眞鍋かをりがそれを知らずに大騒動になったみたいです。眞鍋かをりは事務所から聞かされていなかったのでしょうか?



タレント・眞鍋かをり(28)が、衆院選静岡7区から無所属での立候補を表明している城内実氏(44)の選挙ポスターに自身の写真を使用された件で、眞鍋の所属事務所が、事前に使用を了解していたそうです。


双方の仲介役を務めた制作会社の関係者が明かしたものだそうです。



事情を知らなかったのか眞鍋は自身のブログで「その方とはまったく関係ない。困惑している。なぜこのように使われたのか」とコメント。大きな騒動となっていたそうです。


またこの日、城内氏サイドは問題のポスターを撤去し、騒動の沈静化を図ったそうです。
  
 

衆院選直前に起こった“ポスター騒動”のドタバタ。何と眞鍋の所属事務所が、城内氏の後援会に対し、事前に使用の承諾をしていたそうです。


双方の事務所の仲介役を務めた制作会社の代表A氏が、報道各社に騒動の経緯を説明したFAXを送付したそうです。


それによると、昨年夏に城内氏が眞鍋とホームページ用の対談を行ったことが縁で、今年6月に城内氏の後援会とA氏の間で眞鍋の写真を使用したポスターの作成案が浮上したそうです。



A氏が城内氏側と眞鍋の所属事務所幹部B氏の仲介役となり、眞鍋の写真と、その使用許可を得たそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090801-00000000-dal-ent

↑このページのトップヘ