ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:申請





定額給付金を申請したところなかなか支給されないために市に問い合わせいたところ「あなたは死亡したことになっている」と言われたそうです。男性は「死んだ人間が電話できるか」などと激怒。市が再確認したところ、男性は支給基準日の2月1日時点では西成区内に住民票があったが、その後、転居した際に届け出なかったため、市が住民登録を抹消したことが原因のようです。



大阪市内の無職男性(62)が定額給付金の支給の遅れを市に問い合わせた際、電話対応した臨時職員から「あなたは死亡したことになっている」と“死亡宣告”されていたそうです。

 

申請書発送後に男性の転居に伴って住民登録を抹消した際、システム端末上、「死亡扱い」で処理したのをそのまま読み上げてしまったのが原因で、市は「不快な思いをさせて申し訳ない」と平謝りしているそうです。

 

男性によると、5月中旬頃に給付申請したが、7月に入っても口座振り込みがなかったため、今月21日、市の専用電話に問い合わせたそうです。



その際、応対した職員から告げられたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090725-00000021-yom-soci

「ツカサのウィークリーマンション」で有名になった「司管理建物」が自己破産を申請したそうです。負債総額は790億円だそうです。ウィークリーマンションの営業権は1999年に譲渡して事業規模を縮小していたそうです。


帝国データバンクによると、賃貸マンションの転貸を手がける「司建物管理」(東京都品川区)が4日、東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けたそうです。負債総額は790億円だそうです。

 
1962年に設立され、「ツカサのウイークリーマンション」のブランドで成長したそうです。


しかし、バブル崩壊で債務超過に陥り、99年にウイークリーマンションの営業権を外資系の会社に譲渡するなどして事業を縮小していたそうです。

 
「ツカサ」ブランドの短期賃貸マンション事業はグループの他社が展開しているが、資本関係がなく今回の破綻(はたん)の影響はないとしているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000097-mai-bus_all

大和生命が潰れました。「サブプライムローン」の影響で損失を出し、それに加えここ数日の株安ショックが追い討ちをかけたようです。サブプライムローン問題はついに日本の保険会社にも影響を及ぼしました。他の保険会社は大丈夫なのでしょうか。


大和生命保険(本社東京)は10日、一般事業会社の民事再生法に相当する更生特例法の適用を東京地裁に申請、受理されたと発表したそうです。


負債総額は2695億円。金融市場の混乱による株価下落などで巨額損失が発生し、債務超過に陥ったそうです。


生保の経営破綻(はたん)は2001年3月の東京生命保険以来7年半ぶりで、戦後8社目だそうです。


同社の07年度の保有契約高は1兆2450億円だが、生命保険契約者保護機構により、支払いに備えて積み立てている責任準備金の90%まで保護されるそうです。


同社は今後、更生管財人の下でスポンサー探しを進めるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000048-jij-bus_all

大和生命が潰れました。「サブプライムローン」の影響で損失がでて経営が悪化していたそうです。サブプライムローン問題はついに日本の保険会社にも影響を及ぼしました。他の保険会社は大丈夫なのでしょうか。


大和生命保険は10日、東京地裁に更生手続きの開始を申し立て、経営破たんしたそうです。

 
午前10時に発表する。大和生命は米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」関連で損失を出すなど、経営が悪化していたそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000010-yom-bus_all

↑このページのトップヘ