男性ホルモンが、男性の健康維持と深いかかわりがあるみたいです。


男性ホルモンの減少が生活習慣病や鬱病(うつびょう)のリスクを高めることが明らかになってきたそうです。


また、男性ホルモンはストレスで減少することも分かってきた。高齢男性の健康のカギを握るとして、世界中で男性ホルモンの研究に注目が集まっているようです。


他にもED(勃起障害)や男性の更年期障害また、血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があることがわかってきたようです。


男性ホルモンの研究が進めば、男性特有の病気が少しでも減る可能性が出てきました。今後の研究成果に期待が高まりますね。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071205-00000911-san-soci