目黒のさんま祭りが大盛況だったそうです。今年は1万6000人もの人々が集まったそうです。



目黒駅東口のりそな銀行前(品川区上大崎2)をメイン会場に9月6日、第14回「目黒のさんま祭り」が開かれたそうです。



同イベントは、岩手県宮古漁港直送の新鮮なサンマ6千匹を炭火焼きにして無料で振る舞う初秋のお祭りだそうです。



徳島県神山町産の豊潤すだち1万個と、栃木県黒磯市高林直送の大根を使った大根おろし、海洋深層水の天然塩も同時に提供されたそうです。


 
昨年の来場者は約1万2000人。さんまを求める行列は目黒通りから五反田駅へと続く上大崎3丁目の交差点付近まで伸びたそうです。


しかし、今年の予測来場者数は昨年を上回る約1万6000人に増え、午前11時の時点で上大崎3丁目の交差点からJR山手線沿いを目黒駅方面へ戻る形で、アトレ目黒2(JR東急目黒ビル)まで最大1.5キロメートルの行列ができたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090906-00000004-minkei-l13