ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:石川遼




石川遼が全英オープンで優勝するとすごいことになりそうです。全英オープンの優勝者を当てる賭けのオッズが150倍だそうです。マスターズ4位になった片山晋
呉が250倍なのに対して、石川遼の150倍というオッズにはビックリですね。


男子ゴルフ、石川遼(17)=パナソニック=の出場が決まったことで、が然、注目されてきた今季メジャー第3戦「全英オープン」(16日開幕、ターンベリー)。


地元・英国でも盛り上がりを見せており、大手ブックメーカーのウィリアムヒルズが、さっそく優勝者を当てる賭けの最新オッズを発表したそうです。



トップは、4度目の全英制覇を狙うタイガー・ウッズ(米国)で、2.25倍。英国のブックメーカーだけに欧州の選手に人気が集まり、2位はガルシア(スペイン)の16倍、3位は大会3連覇を目指すハリントン(アイルランド)で20倍だそうです。


 
石川遼は150倍ながら、全英初出場にもかかわらず、米ツアーで活躍する今田竜二と並んで日本人トップの65位だそうです。



片山晋呉、矢野東らその他の日本人選手は250倍で96位に並んだそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000021-ykf-spo





石川遼がミズノオープンで今季初優勝を飾りました。12番のパー4でOBを2発うち「+9」と大たたきしてこのまま崩れるかと思われたのですが、なんとか1打差で首位をキープしたそうです。そして圧巻だったのが16番のパー5で3打目をグリーンそばのラフから打ったところピンに当たって見事カップインでイーグルとしてー12にスコアを伸ばしました。最終ホールもバーディで締めくくり13アンダーで見事に優勝しました。やはり石川遼はすごいですね。17歳で早くも3勝、全英オープンの出場権も勝ち取りました。



12番のOBにもめげず、最後までドライバーを振り続けた石川は、最終18番でも会心のショットでフェアウェイを捉えると、2打目でグリーン脇まで運んでバーディフィニッシュしたそうです。


結局、2位のスメイルに3打差をつけての今季初優勝を飾るとともに、来月行われる「全英オープン」の出場権も手に入れたそうです。



17歳にして早くもツアー3勝をマークした石川遼。


「これからも優勝出来るかは全く別だけど、優勝争いを何度か出来る自信はついてきた気がします」と、力強い視線で前を見詰めていたそうです。


留まるところを知らない17歳は、一体どこまで成長していくのでしょうか。全英オープンでも活躍が期待されますね。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000005-gdo-golf






今シーズンの初優勝をかけて石川遼がミズノオープンで3日目を終えて単独首位に立ちました。2位とは3打差だそうです。最終日にもこの調子でスコアを伸ばせば優勝できるでしょう。全英オープンの出場権も獲得できるかもしれません。


ミズノオープンよみうりクラシック第3日(27日、兵庫・よみうりCC=7230ヤード、パー72)今季初優勝へ向け、首位と1打差の2位でスタートした石川遼(17)=パナソニック=は、5バーディー1ボギーの68で回り、通算14アンダーで単独首位に立ったそうです。


3打差の2位は金亨成(キム・ヒョンソン)=韓国、29歳=とP・マークセン=タイ、43歳=で、さらに1打差の4位にD・スメイル=ニュージーランド、39歳=がつけているそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090627-00000508-sanspo-golf


石川遼のマスターズ予選1日目の結果は1オーバー51位タイだったそうです。2日目もがんばって予選通過してほしいですね。前半9ホールは2バーディ5ボギー後半9ホールで3バーディー1ボギーで1オーバーフィニッシュだったそうです。
前半は出入りの激しいゴルフだったそうですが、後半に落ち着きを取り戻して普段の実力が出せたのではないでしょうか。明日もがんばってぜひ予選通過してほしいですね。がんばれ石川遼!


男子ゴルフの今季メジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは9日、石川遼は第1ラウンドを51位タイで発進したそうです。

 
「あっという間」の18ホール。1オーバー73で回った初めての夢の舞台を、石川は「僕のゴルフ人生の大きな通過点になった」と振り返ったそうです。

 
1番ホール。「緊張から自分ではわからない体の動きをしていた」というティーショットを右のフェアウエーバンカーへ打ち込み、ボギー発進。前半はドライバーが1度しかフェアウエーをとらえられず、5個のボギーをたたいたそうです。

 
11番もボギー。そのまま崩れるかと思われたが、ドライバーが安定し始めた後半、14番、15番と連続バーディー。最終18番もバーディーで締めくくり、「ラッキーでした」と笑顔をのぞかせたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000046-mai-golf

石川遼の米ツアーデビューは残念ながら予選落ちだったそうです。3打差で予選を通過することができなかったそうです。すごい緊張感のなかトータル2オーバーは立派だと思います。次の試合に期待しましょう。


男子ゴルフのノーザントラスト・オープンは20日、当地のリビエラCC(パー71)で第1ラウンドの残りと第2ラウンドを行い、初日2オーバーの113位と出遅れた石川遼は、通算2オーバーの144で99位にとどまり、米ツアーデビュー戦の予選通過はならなかったそうです。


スコット・マキャロン(米国)が通算10アンダーで単独首位に立ったそうです。



石川は第2ラウンド前半の16番、後半の5番でボギーだったそうです。


6、7番で連続バーディーを奪って盛り返し、この日をパープレーでまとめたが、予選通過ラインの141まで3打及ばなかったそうです。




本文ここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000036-mai-golf

男子ゴルフの石川遼が米ツアーに参戦するためにロサンゼルス入りしたそうです。時差ボケ解消のため休息なしで練習ラウンドしたそうです。相当気合が入っていますね。調整が順調に行くように応援しています。がんばれ石川遼!



米ツアーのノーザントラスト・オープン(19日開幕、カリフォルニア州リビエラCC)に出場する男子ゴルフの石川遼(17)=パナソニック=が14日午前(日本時間15日未明)に米国・ロサンゼルスに到着したそうです。


長旅の疲れもなんのその、午後からロス郊外のコースで練習ラウンドを敢行したそうです。“徹夜”状態で米ツアーデビュー戦へ向けて気合の入ったところを見せたそうです。

 
長い長いロスへの道のりだったようです。


石川が搭乗した成田発の全日空便は機体検査のため出発が約40分遅れ、ロス国際空港にも約1時間遅れの午前10時半に到着したそうです。


約11時間に及んだフライト中、「一睡もできなかった」という石川遼。その表情は硬く、さすがに疲れは隠せなかったようです。
 

関係者にガードされ、到着ゲートから出てくると、「思ったより涼しい。天気が良いので、より一層頑張ろうという気になります」などと話し、取材は約1分で切り上げたそうです。


石川とともに父・勝美さん、加藤キャディー、仲田トレーナーら一行8人は2台の車に分乗したそうです。白バイ1台に先導され、あっという間に空港を立ち去ったそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000007-dal-golf

石川遼の今シーズンの戦いが終わったようです。賞金ランキングは5位でプロ1年目の成績としては上出来ではないでしょうか。本当にすごい17歳ですね。もう頭の中はゴルフのことだけなんでしょうね。毎日午後8時に就寝していてテレビも見ないそうです。ある意味修行僧のような生活なんでしょうか。


男子ゴルフ・日本シリーズJTカップの、最終日(7日、東京よみうりCC、7016ヤード=パー70、賞金総額1億円、優勝3000万円)
 

1打差の3位でスタートしたJ・M・シン(インド)が66で回り、通算12アンダーの268で2で2年ぶり2度目の優勝を飾った。日本ツアーは今季2勝目、通算4勝目。
 

プロ転向後の2勝目に向け、1打差で出た石川遼はボギーが先行する苦しいゴルフ。結局3バーディー、3ボギーの70と伸ばせず、通算8アンダーで5位にとどまったそうです。


ただ、最終賞金ランキング5位で堂々のプロ1年目を締めくくったそうです。
 

首位と2打差の2位は手嶋多一、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、デービット・スメイル(ニュージーランド)の3選手。賞金王を決めていた片山晋呉は4アンダーで10位だったそうです。 




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081207-00000038-jij-spo

↑このページのトップヘ