ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:福山雅治




福山雅治が主演する2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』で龍馬の母親役をバレリーナを引退した草刈民代が演じるそうです。ドラマ初出演となる草刈民代がどのような母親を演じるのか楽しみですね。



2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』のスタジオ撮影開始にともなう会見が1日、東京・渋谷の同局で行われ新たに福山雅治演じる坂本龍馬の生母・坂本幸役にドラマ初出演となる元バレリーナの草刈民代、幼少の龍馬の姉・坂本乙女役に土屋太鳳が発表されたそうです。


草刈は「今日が私の女優としての初めての仕事の日。龍馬という偉人の母親役をやるなんて夢にも思わなかった。大変光栄に思います」と喜びを語ったそうです。



今年4月に行った公演をもってバレリーナを引退した草刈は、ドラマ初出演作が大河ドラマとなったことについて「初めてテレビドラマに参加させていただくのが時代劇で、由緒ある番組。いいチャンスをいただいたなって思います」と堂々たるコメントしたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000004-oric-ent





2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の主要キャストが発表されたそうです。福山雅治演じる坂本龍馬の妻お龍を真木よう子が演じるそうです。岩崎弥太郎を香川照之さん、龍馬の盟友武市半平太を大森南朋さん、龍馬の初恋の人・平井加尾を広末涼子さんが演じるそうです。龍馬の姉乙女を寺島しのぶさん、龍馬に思いを寄せる桶町千葉道場の次女・佐那を貫地谷しほりさんらが演じるそうです。



島崎和歌子さん(坂本千野)、大泉洋さん(近藤長次郎)、佐藤健さん(岡田以蔵)、要潤さん(沢村惣之丞)らが大河ドラマ初出演だそうです。龍馬の師・勝海舟を武田鉄矢さんが演じるそうです。




福山雅治さんが坂本龍馬を演じる2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主要キャストが14日発表され、龍馬の妻お龍を真木よう子さんが演じることが分かったそうです。




「龍馬伝」は、幕末の風雲児・坂本龍馬33年の生涯を、三菱財閥を築いた幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点から描くオリジナル作品だそうです。



いつも自分の先を歩く同郷の天才龍馬にあこがれる弥太郎が、土佐藩参政で師事する吉田東洋が暗殺されたのを機に龍馬を憎むようになるそうです。



二人は長崎で再会し、衝突を繰り返すが、「世界の海援隊を作る」龍馬の志は龍馬暗殺の後、弥太郎に引き継がれていく……という物語だそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090714-00000025-maiall-ent





福山雅治が故郷の長崎から届けられた凱旋ライブ実現のための、6万通を超えた嘆願書を見て男泣きしたそうです。故郷長崎から届いた熱い思いを胸にとどめたようです。


歌手で俳優の福山雅治が23日に放送されたラジオ番組『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル「魂のラジオ」』(ニッポン放送 ※毎週(土)後11:30〜)終了後、故郷・長崎から届けられた地元凱旋ライブ実現のための6万通超の署名を手に一人、静かに涙を流したそうです。


18歳で上京しデビュー20周年に突入した今年、故郷から届けられたあふれんばかりの熱意が「長崎に帰らないと決めていた」男の琴線に深く触れた瞬間だったそうです。



市長銃撃事件など暗いニュースが続いた長崎を「何でもいいからとにかく笑顔にしたかった」という長崎青年協会のメンバーが期待を込めたのが、地元出身の福山の凱旋ライブだったそうです。


1969年の同協会設立からちょうど40周年。実現に向け「しゃっちが長崎」(是非とも長崎へ)と書かれたノボリを立て、2008年2月から長崎駅前などでスタートした署名活動は最終的に6万3166人を集めたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090523-00000008-oric-ent




2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』に龍馬の初恋相手役に広末涼子が決まったそうです。福山雅治が演じる坂本龍馬にどのように花を添えていくのか楽しみですね。『龍馬伝』の他のキャストの発表も待ち遠しいですね。


広末涼子(28)が、来年1月にスタートするNHKの次期大河ドラマ「龍馬伝」に出演する。主演の福山雅治(40)扮する坂本龍馬の初恋の相手、平井加尾を演じるそうです。

 
加尾は龍馬より3歳年下だそうです。龍馬の姉、乙女と琴の稽古仲間だったことから弟とも交流を持つようになるそうです。



和歌をたしなむ聡明(そうめい)な女性で、土佐藩主山内容堂の妹、友姫のお付きとして上京したそうです。



一説では龍馬がラブレターを送り、駆け落ちを試みようとしたこともあり、ドラマではヒロインの1人として花を添えるそうです。

 
広末は03年8月、大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」にゲストとして1話だけ出演。視聴率が15%前後と振るわなかった同作の“カンフル剤”として、武蔵に助けられる娘役で登板したそうです。



このときが時代劇初挑戦だったそうです。当時は「大河ドラマはインパクトがあって存在感が大きいので、経験を積ませていただいて光栄。時代劇では坂本龍馬にも興味がある」と話しており、7年越しの願いがかなった格好だそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000045-spn-ent

織田裕二と福山雅治の2大スターが初共演が実現したそうです。フジテレビの開局50周年記念映画「アマルフィ 女神の報酬」で織田裕二が外交官役、福山雅治がフリーライター役で共演したそうです。映画は7月18日に公開だそうです。


俳優、織田裕二(41)と福山雅治(40)が7月18日公開のフジテレビ開局50周年記念映画「アマルフィ 女神の報酬」(西谷弘監督)で初共演するそうです。


福山は、主演の織田扮する外交官の窮地を救うフリーライター役だそうです。


映画、ドラマ、音楽の各界を背負って立つ2人が2月上旬に行われた伊・ローマロケで、伊達男ぶりを見せたそうです。


織田×福山。同世代のスターとしてトップに君臨する両雄の顔合わせがついに実現したそうです。

 
「40代で一番輝いている2人をどうしても並べたかった」と語るのは、フジテレビの大多亮ドラマ制作担当局長。


自身が手がけたドラマ「東京ラブストーリー」で織田、「ひとつ屋根の下」で福山と組んだ同氏は、「2人が、もう少し若かったら実現していないはず。40代になり、余裕を持ってお互いを認め合えているのでは」と語ったそうです。

 
福山は、ローマで起きた日本人少女誘拐事件を追う外交官(織田)に事件がらみの情報を与えるフリーライター、佐伯役。2月上旬のローマロケに参加した福山は、街を歩くシーンなど2シーンで織田と共演したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090310-00000044-sanspo-ent

福山雅治が坂本龍馬になるそうです。2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」に主演することが決定したそうです。NHKドラマに初出演初主演だそうです。いまからとても楽しみですね。


NHKは6日、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」の主役に歌手・俳優の福山雅治(39)を起用すると発表したそうです。

 
33年の生涯を勇ましく駆け抜けた幕末の風雲児を、当代随一の人気者が演じる。大河はもちろんのこと、NHKドラマに初出演となる福山は「驚きとプレッシャーとともに大変光栄に感じております。さまざまな作品を通じて普遍的なヒーローとしてのイメージを持たれている坂本龍馬ですが、これから1年をかけて十分な準備をし、作り上げてみたいと思います。我々の挑戦にご期待下さい」と話しているそうです。

 
来年8月にクランクイン。2010年1月から放送を開始するそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000208-sph-ent

福山雅治の『ガリレオ』特別版が20.8%の高視聴率だったそうです。柴咲コウは出ていなかったんですが、エピソードゼロとして“探偵ガリレオ”誕生の秘密と原点
が描かれていました。若き日の湯川学役を三浦春馬が演じていました。なかなか面白かったです。映画『容疑者Xの献身』も期待していいんじゃないでしょうか。


人気ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の映画版『容疑者Xの献身』の公開日である4日(土)、主演の福山雅治演じる天才物理学者・湯川学の大学時代を描き、“探偵ガリレオ”誕生の秘密と原点が明らかにされた土曜プレミアム『ガリレオΦエピソードゼロ』(後9:00〜)が放送されました。


映画公開と同日の特別版ドラマ放送ということで話題となった同番組の視聴率はビデオリサーチの調べで20.8%を記録したことが6日(月)わかったそうです。やはり人気が高いですね。

 
福山演じる主人公の湯川が、不可解な密室殺人事件の解明に挑み、旧友の刑事を北村一輝、研究生役を長澤まさみが務めた同番組です。


2007年に放送された連続ドラマ版より3年前を舞台に、三浦春馬演じる大学時代の湯川が警察の捜査に協力するきっかけとなった事件も描かれていました。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000027-oric-ent

↑このページのトップヘ