ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:福田首相

福田首相の辞任会見のおかげで織田裕二の月9ドラマ「太陽と海の教室」の視聴率がアップしたそうです。織田裕二も福田首相に感謝しているでしょうね。


1日夜、福田康夫首相の退陣表明会見の影響で、約20分間中断した織田裕二さん主演のドラマ「太陽と海の教室」(フジテレビ系)が、再開後に視聴率が4%以上上昇したそうです。


世間の注目が集まったサプライズ辞任の思わぬ恩恵を受けた格好となったようです。


また、60分拡大して放送したNHKの「ニュースウォッチ9」が17.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録したそうです。


午後9時に始まった「太陽と海の教室」は放送から28分後、会見を報じる特別番組によって中断されました。


中断までの平均視聴率は12.1%にとどまっていたが、特別番組では13.0%と増えたそうです。さらに、再開後の平均視聴率は、16.3%と4%以上上昇したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000002-maiall-ent

福田首相が突然の辞任会見です。安倍前総理のときも突然でしたが。ウーンそんなに総理大臣というのは魅力がない仕事なんでしょうか?会見を見ているともう総理大臣はやりたくないので後の人お願いします、みたいな感じがしました。記者会見の最後のほうで記者の質問に対して「私は自分を客観的に見れるんです。あなたとは違うんです。」とちょっとキレていましたね。



福田康夫首相は1日夜、首相官邸で緊急記者会見を開き、首相を辞任する考えを表明した。午後9時半過ぎからの会見で首相は「新しい布陣のもとに、政策の実現を図っていかっていかなければならない」と述べて、辞任を決意した理由を語った。決断の時期については「先週末」と明かしたそうです。


福田内閣は昨年9月の発足から1年が過ぎたばかりだが、参院で野党が過半数を占める「ねじれ国会」で法案成立に難渋し、揮発油(ガソリン)税の暫定税率をめぐる与野党攻防でガソリン価格が1カ月の間にリットル当たり25円程度上下する混乱を引き起こしたほか、4月に導入した後期高齢者医療制度に関しても「高齢者いじめ」と世論から強い反発を受け、内閣支持率は2割程度に低迷していたそうです。



7月には、北海道で開催した主要国首脳会議(洞爺湖サミット)を経て、人心一新のため念願の内閣改造を断行したが、大幅な支持率回復はなかったようです。



秋の臨時国会を前に、新テロ対策特別措置法案の延長の是非や新たな経済対策、衆院解散総選挙の時期などで連立を組む公明党との関係も微妙になっていたそうです。



福田首相はこうした状況から、今後、自らが政権を維持することは困難と判断したとみられるそうです。福田首相の後継には、自民党の麻生太郎幹事長の就任が有力視されているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000969-san-pol

キムタクがドラマ『CHANGE』で演じる朝倉首相と福田首相を比較した報道がアメリカのウォールストリート・ジャーナルでされたそうですが、比較するとになんの意味があるんでしょうか?その報道に対して、町村官房長官が「木村さんと比べたら日本の政治家の誰もが負けますよ」ってこの発言もいまいちよく理解できませんね。


町村信孝官房長官は2日の会見で、1日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルがテレビドラマ「CHANGE」(フジテレビ系)で首相役を演じる木村拓哉さんと福田康夫首相を比較した報道に反論したそうです。



同紙はドラマで活躍する首相を紹介する一方、「福田首相の控えめな政治スタイルが国民をいら立たせている」「日本は社会保障制度の立て直しが求められているが、行動を起こさない首相の下、迷走を続けている」などと酷評したそうです。


これに対し、町村氏は福田首相が消費者庁の新設に道筋を付けたことなどを挙げ、「一見ひょうひょうとした物言いをするが、実は大変情熱的な方だ」と持ち上げたそうです・・・




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000073-san-pol

ガソリン税の暫定税率が復活させた福田首相は記者会見で、「家計に再び負担をお願いするのは本当に苦しい判断だった。」と語ったそうです。首相は一時的に苦しい判断で済みますが、庶民はこの先ずっと苦しむんですね。日本の将来はどうなっていくんでしょうか・・・・夢も希望も何もないただただ物価が上がっていくのをこらえるしかないんですかね。



福田首相は30日、首相官邸で記者会見し、ガソリン税の暫定税率を復活させる税制関連法が衆院で再可決、成立したことについて「明日から暫定税率が復活し、再びガソリンの価格が上がる。国民1人1人が家計のやりくりに苦労する中、家計に再び負担をお願いするのは本当に苦しい判断だった。流通現場での混乱を回避するよう全力を尽くし、便乗値上げがないよう監視していく」と述べたそうです。






本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000037-yom-pol

福田康夫首相が8年前の官房長官就任前に胃がんの手術を受けていたそうです。極秘に入院して手術を受けたそうです。8年前というと64歳のときでしょうか?「この歳なら一つや二つ病気はしているよ」とコメントしたそうです。胃がん以外にも何か病気をしたんでしょうか?


福田康夫首相は15日昼、一部週刊誌が報道した自身の「胃がん手術」について記者団に問われ、苦笑しながら否定しなかったそうです。


記事は、2000年10月に森内閣の官房長官に就任する前、極秘に入院して胃がんの手術を受けていたというもので、首相の健康問題ともなれば、政権運営に影響しかねないですよね。


首相は事実関係について明確に否定しなかったが、「(記事を掲載した週刊誌を)宣伝しなくてもいいだろう」と語ったそうです。 





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080415-00000086-jij-pol

福田首相が「桜を見る会」のあいさつで「物価が上がるのはしょうがないんで耐えて工夫して」と発言したそうです。なんとも国民をバカにした発言ではないんでしょうか。一日も早く解散して総選挙を行うべきです。


福田首相主催の「桜を見る会」が12日午前、東京都新宿区の新宿御苑で開かれ、女優の菊川怜さんやタレントの真鍋かをりさんら招待者約1万人が青空の下、咲き誇る八重桜を楽しんだそうです。


首相は「色んな問題があるがそれをきれいにしたい。そして、こんな桜ばかりのような日本にしたい」とあいさつしたそうです。


「物価が上がるとかいったようなことがあるが、しょうがない事はしょうがないので、耐えて、工夫して切り抜けるのが大事なんです」と強調したそうです。政治に責任はないんでしょうか?物価が下がるような政策が必要だと思いますが・・・


首相は連日、厳しい政権運営を強いられるが、この日は招待者から「(9日の)党首討論良かったよ」などと声をかけられ、終始笑顔を見せていたそうです。党首討論も泣き落としのような発言が見られたような気がしましたが・・・



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000016-yom-pol

福田康夫首相は5日昼、民主党の小沢一郎代表との党首会談をめぐり、小沢氏が4日の記者会見で連立政権協議が成立すれば、首相は新テロ対策特別措置法案にこだわらないと「確約した」と説明したことについて「新テロ法案を何とか可決してほしい。一貫してそう考えている」と否定した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 自衛隊海外派遣の恒久法に関し、国連決議を条件とすることで合意したと小沢氏が説明したことについては、首相は「そういう話もあった」と認めた。その上で「決議が出れば何でもやることになるか、よく詰めなければいけない。時間もかかる」と述べた。

また、党首会談で連立政権協議をどちらが持ち掛けたかに関しては「互いにそういう気持ちが多少でもないと、そういうことにはならないだろう。あうんの呼吸ではないか」と述べ、小沢氏も当初から前向きだったとの認識を示した。小沢氏の辞意表明には「ただびっくりした」と繰り返し、今後も民主党に連立を含む政策協議を呼び掛けるかどうかについては「今までの話は一応終わった。今後何が始まるか、まだ分からない」と語った。


福田首相と小沢党首のそれぞれの会見でいろいろと食い違う点が見られますが、結局密室での会談が原因なんだと思いますね。







本文はこちらから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000063-jij-pol

↑このページのトップヘ