先日女子大生がイタリア・フィレンツェの世界遺産に落書きをしていたことが問題になりましたが、なんと高校野球の監督も同じ世界遺産のイタリア・フィレンツェの「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の柱に落書きしていた事実が発覚しました。指導者としてあるまじき行為に監督が解任されたそうです。


イタリア・フィレンツェの世界遺産地区にある「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の柱に、水戸市の私立常磐大高(浅岡広一校長)の硬式野球部監督(30)が書いたとみられる落書きが見つかった問題で、同校は30日、監督を解任したそうです。

監督は学校の調査に、落書きしたことを認めたそうです。


県高野連が入手した大聖堂の柱の写真に、監督とその妻の名前が漢字で油性ペンのようなもので記されていたことから、問題が発覚したそうです。


監督は以前、新婚旅行でイタリアを訪れており、この際に落書きしたことを認めているそうです。


同校野球部は7月5日からの第90回全国高校野球選手権県大会にシード校として出場予定だそうです。県高野連は浅岡校長や監督から詳しい事情を聴くことにしているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080630-00000920-san-soci