マイケル・ジャクソンほどの世界的なスーパースターはもう2度と出てこないのではないでしょうか。50歳という若さで亡くなったマイケル・ジャクソンを偲ぶ緊急特番がフジテレビで放送されるそうです。司会は「特ダネ」のキャスター小倉智昭さんが務めるそうです。


25日午後(現地時間)にロサンゼルスの病院で死去した米歌手、マイケル・ジャクソンさん(享年50歳)。



その悲報を受けフジテレビは、本日26日に『緊急特別番組 マイケル・ジャクソンはなぜ死んだのか?』を放送する。司会を小倉智昭が務め、マイケルさんの“キング・オブ・ポップ”に至るまでの軌跡、衝撃の死の謎に迫るそうです。



マイケル・ジャクソンさんは1958年、アメリカ・インディアナ州で9人兄弟の7人目として誕生しました。



幼いころより天才的な歌唱力で周囲を驚かせ、1968年に兄弟5人でジャクソン5を結成したそうです。


その後ソロに転向し、1982年のアルバム『スリラー』が世界的な大ヒットを記録しました。


シングル「ビリー・ジーン」「今夜はビート・イット」などのミュージックビデオで披露した、前に歩くような動きで後ろに進むダンスパフォーマンス“ムーンウォーク”はマイケルの代名詞となりました。


『スリラー』はギネスブックが認定する世界で最も売れたアルバムとなり、現在に至るもこの記録は破られていないそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000008-oric-ent