ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:肺がん




タバコを吸うとなぜ肺がんの危険性が高いのかが解明されたそうです。タバコの煙に含まれる鉄分が肺の中に吸入されることで、フェリチンの生成が促され、体内に極微量含まれるラジウムが濃縮されると悪性中皮腫や肺がんを引き起こすそうです。


アスベスト(石綿)の吸引や喫煙などにより、強い放射線を出すラジウムが濃縮され、肺に蓄積することを、岡山大の中村栄三教授(地球宇宙化学)らが突き止めたそうです。

 
放射線が細胞のDNAを傷つけることで、悪性中皮腫や肺がんを引き起こすと見られ、新たな治療法や診断法に結びつく可能性があるそうです。27日、東京都内で発表されたそうです。

 
悪性中皮腫や肺がんの原因のうち、アスベストはとがった繊維の形状が、がん発症に関与すると考えられてきたが、実際の発病の仕組みは分かっていなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000101-yom-sci

肺がんの新たなる治療薬ができるかもしれません。マウスの肺がんを消失させることに成功したそうです。一日も早く治療薬ができることを期待します。


肺がん遺伝子が作る酵素の働きを抑える化合物で、マウスの肺がんを消失させることに、自治医科大などの研究チームが成功したそうです。


肺がんの新たな治療薬として期待される。25日、米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載されたそうです。

 
チームは昨年、肺がん男性患者から、がん化にかかわる遺伝子「EML4−ALK」を発見したそうです。肺がん患者の約5%がこの遺伝子を持っていることが分かっているそうです。

 
この遺伝子が肺がんを起こすことを確かめるため、肺だけで遺伝子が働くように操作したマウスを作ったところ、生後1〜2週間で両肺にがんができたそうです。

 
さらに、この遺伝子が作る酵素の働きを阻害する化合物を作り、肺がんマウス10匹に1日1回経口投与した。投与開始から25日ですべてのマウスのがんが消失したそうです。


投与しなかった肺がんマウス10匹は、がんが両肺に広がり、9匹が1カ月以内に死んだそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081125-00000035-mai-soci

1年間にガンに罹患する人は50万人から100万人と言われているそうですが、ガンは早期発見さえできれば治る病気だそうです。人気バンド「スピッツ」のギタリスト、三輪テツヤ氏も2006年に人間ドッグで肺がんが見つかり手術を受けたそうです。


人気バンド「スピッツ」のギタリスト・三輪テツヤ(41)が、肺がんの手術を受けていたそうです。

 
この日までに発行した9月末のファンクラブ会報に、直筆メッセージを寄せて告白したそうです。


2006年春に初めての人間ドックで肺に早期の腫瘍(しゅよう)が見つかり、ボーカルの草野マサムネ(40)などメンバーや関係者にも打ち明けた上、すぐに手術を受けたそうです。


復帰後、現在も定期的に通院しながら精力的に活動を続けているそうです。

 
また、三輪は全国ツアー中だった今年2月、父を同じ肺がんで亡くしていたことも明かしたそうです。


関係者は「がんの早期発見の大切さなど、自分の経験をもって少しでもファンに伝えたかったのでは」と心境を察したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000080-sph-ent

↑このページのトップヘ