ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:衆議院選挙




衆議院選挙で民主党が政権交代する可能性がかなり高いようです。毎日新聞社の特別世論調査によると320議席を越す勢いだそうです。逆に自民党は100議席を割り込む可能性があるそうです。この1週間の選挙戦もますますヒートアップしそうですね。



毎日新聞は第45回衆院選(定数480=小選挙区300、比例代表180)が30日に投開票されるのを前に、公示翌日の19日から21日にかけて特別世論調査を実施し、その結果をもとに全国の取材網を通じて選挙情勢を探ったそうです。


民主党は271人を擁立した小選挙区の大半で優位に戦いを進め、比例代表と合わせて320議席を超す勢いだそうです。



小選挙区の当選者数によっては、比例代表での復活も含め候補者全員の当選も視野に入るそうです。



2005年衆院選で大勝した自民党は小選挙区、比例代表とも振るわず、100議席を割り込む可能性もあるそうです。



小選挙区で約4割、比例代表で約2割の人が投票態度を明らかにしておらず、情勢が流動することもあるそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000002-maip-pol





麻生太郎首相は衆議院選挙で勝つつもりがないのか、それともすでに負けを覚悟しているのかわかりませんが「負けっぷりをよくせにゃあかん」と教えていただいたと語ったそうです。


麻生太郎首相は11日午後、遊説先の千葉県野田市内で街頭演説したそうです。



麻生太郎首相は冒頭で、終戦時の首相である鈴木貫太郎に言及、「鈴木先生は『(戦争は)負けっぷりはよくせにゃいかん』と吉田茂に言っている。これは事実の話。吉田内閣は長いこと続いたが、いろいろな意味で教えていただいた」と語ったそうです。



演説場所が「鈴木貫太郎記念館」の前だったことから、祖父の吉田茂元首相とも付き合いがあった鈴木元首相の有名な発言を紹介したそうです。



ただ、政権維持が懸かる衆院選での民主党との対決を前にして、首相があえて「負け」に言及したことで、波紋を呼びそうですね。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090811-00000136-jij-pol






ビートたけしが東国原知事と会食して次期総選挙への出馬について苦言を呈したそうです。最終的に決めるのは東国原知事ですが衆議院選挙に出馬する可能性は一層低くなったのではないでしょうか。



宮崎県の東国原英夫知事が10日夜、都内のレストランでお笑いタレント時代の師匠である、ビートたけしと会食したそうです。


この席で、自民党から要請された次期総選挙への出馬について、たけしは「逆風がすごい。メディアは甘くない」などと忠告したそうです。


世論調査でも、国政転身には7、8割が「ノー」を突き付けているが、「自民党総裁」を狙っていたごう慢知事はどう判断するでしょうか。

 

  
これは、日本テレビ系「ズームイン!! サタデー」が11日朝、報じたものだそうです。東国原知事は10日夕、東京・羽田空港に到着し、車で銀座の高級レストランに入ったそうです。

 

その後、たけしが突然現れ、店の中に。東国原知事は2時間ほどして出てきて立ち去ったが、それから約1時間後にたけしが出てきて、会食内容を説明したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090711-00000021-ykf-ent




民主党の小沢一郎代表が代表の座を辞任する意向を固めたそうです。違法献金事件の責任をとっての辞任だそうですが、タイミング的にはあまり良くないような気がしますね。後任の代表が誰になるのかに注目が集まります。来るべき衆議院選挙で民主党は政権を奪取できるのでしょうか。



民主党の小沢一郎代表(66)は11日、公設第1秘書が東京地検特捜部に逮捕・起訴された西松建設による違法献金事件の責任をとり、代表を辞任することを決めたそうです。



複数の民主党議員、党関係者に伝えたそうです。次期衆院選を控え、代表にとどまれば、選挙戦に悪影響を与えると判断したようです。



小沢氏は3月3日に大久保秘書が逮捕、同24日に起訴された時点では、続投の方針を示し、民主党代議士会や党参院議員総会でも続投が了承されていたそうです。



その半面、小沢氏は記者会見などでは、進退問題について「今後の行動の基準は衆院選の勝利」などと述べ、捜査の進展や世論の動向を踏まえて最終判断する考えを示し、弱気な一面ものぞかせていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000577-san-pol

↑このページのトップヘ