ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:衝動的

福岡の小学1年生男児が母親に殺害された事件で、動機が明らかになったそうです。
母親は相当悩んでいたんでしょうね。とても悲しい事件です。


福岡市西区の男児殺害事件で、母親の富石薫容疑者(35)=殺人容疑などで逮捕=が、福岡県警の調べに「一緒に連れて行ったトイレ内で、学校に来ないことなどを子供に責められた。子供がふびんで将来を悲観した」と供述しているそうです。


薫容疑者は難病を抱え、小学1年の弘輝(こうき)君(6)は特別支援学級に通っていたそうです。


県警は子育てに悩む中、トイレ内で衝動的に殺意を抱いたとみて追及しているそうです。県警は22日、薫容疑者を殺人と死体遺棄容疑で福岡地検に送検したそうです。



調べでは、薫容疑者は18日午後3時すぎに弘輝君と一緒に小戸(おど)公園に来たが、この時点では「殺すつもりはなかった」と供述しているそうです。


遊んでいたアスレチックコーナーからトイレに行く際も「1人にしておくと危ないと思い一緒にトイレに行った」と話しているそうです。


薫容疑者は病気で足が悪く、身体障害者用の個室に2人で入ったようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000014-mai-soci

夕食のチキンカレーを一緒に作るほど仲の良い父娘に何らかのトラブルがあり、15歳中学3年生の娘が父親を自宅の包丁で刺殺する事件が起きたそうです。夕食後に何らかのトラブルがあり刺してしまったそうですが、この親子に一体何があったんでしょうか。


埼玉県川口市のマンションで、男性会社員(46)が中学3年の長女(15)に殺害された事件で、長女が衝動的に父親を刺した可能性が高いことが19日、埼玉県警の調べで分かったそうです。

県警は家族での夕食後に、父娘の間に何らかのトラブルが生じたとみて調べているそうです。


調べなどによると、長女は18日、学校を休み、父親と長男(12)の3人で買い物に出掛けていたそうです。夕方には父親と長女が仲良く一緒にチキンカレーを作り、午後11時ごろまでは特に変わった様子はなかったそうです。


事件後も長女は放心状態で逃走する様子はなく、凶器の文化包丁も自宅の台所にあったものだったそうです。


このため、県警は18日深夜以降、2人の間にトラブルが起き、長女が衝動的に包丁を持ち出して父親を殺害したとみているそうです。司法解剖の結果、父親の死因は出血性ショック死だったそうです。 





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000094-jij-soci

↑このページのトップヘ