ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:衝撃

「すげー! マー君、魔球投げた!!」と岩隈投手もビックリするほどの新魔球をマー君こと田中将大投手が投げたそうです。WBCも大いに期待できるのではないでしょうか。


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表1次登録メンバーの楽天・田中将大投手(20)が沖縄・久米島キャンプの11日、衝撃の“新魔球”を披露したそうです。


岩隈久志投手(27)とのキャッチボールで投げたフォークが、ナックルのように揺れて落ちるのを偶然発見したそうです。


WBC公式球ならではの変化で、大きな武器になりそうですね。



“事件”は、WBCコンビのキャッチボールで起きたそうです。何気なく田中が投げたボールが、ユラユラ揺れ、そして落ちるそうです。

 「すげー! マー君、魔球投げた!!」


驚きの声をあげたのは、ボールを受けた岩隈だそうです。風やそのほかの影響ではないそうです。


何球続けても、揺れながら落ちるそうです。急激な変化で、岩隈のグラブをはじく場面さえあったようです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000019-sanspo-base

巨人のゴンザレス内野手のドーピング違反問題で、巨人チーム内に衝撃が走ったそうです。ゴンザレスが使っていたサプリメントとか栄養剤、薬物などを調べないといけませんね。知らずに使用していたという可能性もあるし、それを他の選手に進めていた可能性も考えられますから。薬物違反になるとわかってて使用していた場合はただのバカということになりますけど・・・・


日本プロ野球組織(NPB)が26日、巨人のゴンザレス内野手に対し、禁止薬物の使用を理由に1年間の出場停止処分を発表。巨人は契約解除の方針を本人に伝え、清武英利・球団代表と国際部長の2人をけん責処分にしたそうです。


23日に1軍登録から外れるまで、レギュラーとして活躍したゴンザレス内野手の禁止薬物使用の発覚に、チーム内にも衝撃が走ったようです。


巨人のゴンザレスは否定しているが、2度の検査で陽性反応が出た興奮剤の使用は覆らないようです。


昨夏に発覚したソフトバンク・ガトームソンの「飲む発毛剤」服用とは違い、日本球界で、パフォーマンス向上を目的に禁止薬物が使用された初の悪質なケースといえるようせづね。


ゴンザレスのバットで巨人が勝った試合もあり、今季のペナントレースに消えない汚点を残したようですね。せめてもの救いは巨人の調子がいまいちだということぐらいですかね。もしも、ダントツの勝率を上げていたらペナントレース自体が興ざめしてしまいますから。


NPBは昨年からドーピング検査を本格的に始めたそうです。巨人も、今年だけで3回のミーティングで注意喚起を呼びかけるほか、選手が服用するサプリメントなどの検査も実施したそうです。


2006年からは、契約書の中に「禁止薬物を使用した場合は契約を解除する」との文言も盛り込んでいるそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000959-san-spo

↑このページのトップヘ