スピード出しすぎた車が交差点を曲がりきれずに沿道の民家の庭に突っ込んだそうです。庭の手入れをしていた親子3人をはねて死亡させたそうです。ひどい話ですね。
4人家族のうち父親、母親、次女4歳の3人が亡くなってしまったそうです。1人残されたのは10歳の長女だそうです。


29日午前8時25分ごろ、広島県三原市久井町坂井原の国道486号で、走行中の乗用車が左沿道にはみ出して会社員、盛谷浩二さん(51)方の庭に突っ込み、庭にいた盛谷さんと妻の良美さん(41)、次女の里歩ちゃん(4)を次々とはねたそうです。3人は全身を強く打ち死亡したそうです。

 
県警三原署は自動車運転過失致死傷の疑いで、乗用車を運転していた広島市中区土橋町の建設作業員、秋保輝行容疑者(25)を逮捕したそうです。


秋保容疑者も足などに軽傷を負ったそうです。

 
調べでは、盛谷さん方は片側1車線の直線道路の交差点手前左わきにあり、道路と家の敷地を隔てる壁はないそうです。


秋保容疑者は「交差点を曲がろうとしたが、速度を出しすぎてハンドル操作を誤った」などと供述しているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081229-00000560-san-soci