ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:講談社




出版業界の不況打開対策の一環として大日本印刷グループと、講談社、小学館、集英社の大手出版3社が中古本販売のブックオフの株式を31%取得するそうです。
出版業界がどのように活性化していくのか注目ですね。



大日本印刷グループと、講談社、小学館、集英社の大手出版3社は13日、中古本販売のブックオフコーポレーションの株式計約31%(議決権ベース)を、筆頭株主の日本政策投資銀行系のファンドなどから取得すると発表したそうです。



出版不況の中、消費者の間で定着した中古本市場を取り込み、新刊本の販路活用や、店舗のノウハウ取得などを探るそうです。

 
株式取得は20日を予定しており、大日本印刷は議決権の7・17%を取得して筆頭株主になるそうです。



このほか、大日本印刷傘下の丸善と図書館流通センターがそれぞれ6・06%、4・19%を取得し、講談社、小学館、集英社は各4・66%を取得するそうです。

 

大日本印刷は株式取得の理由を「中古本を含む出版業界全体の協力・共存関係を構築し、業界の持続的な成長を実現させていくため」(広報室)と説明したそうです。


近く同時に取得した6社とブックオフとの間で協議を始めるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090513-00000547-san-soci

少年サンデーと少年マガジンはライバル誌の関係ですが、両誌とも来年創刊50周年を迎えるんですね。それを記念してライバル同士が手を組み新しい漫画雑誌を創刊するそうです。新しい形での少年漫画雑誌がちょっと楽しみですね。 


コミック雑誌「週刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年マガジン」(講談社)が協力して、それぞれの人気連載である「名探偵コナン」と「金田一少年の事件簿」の傑作選を掲載する増刊号の刊行が27日までに決まったそうです。


両誌はともに1959年創刊のライバル誌で、来年50周年を迎えるための記念事業。異なる出版社が一つの雑誌を出すのは異例だが、低迷が続く少年漫画市場を盛り上げる狙いもあるそうです。


増刊号は4月10日から半年間、月2回のペースで刊行するそうです。その後は読者の反応を見て継続するかどうかを検討するようです。 


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000016-maiall-ent

↑このページのトップヘ