ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:賠償命令

道路建設会社「前田道路」の元営業所長(当時43歳)が自殺した原因は、パワーハラスメントいわゆる職権による人権侵害だったとされ、会社に3100万円の損害賠償金を支払う判決が出たそうです。このような形で損害賠償を認めた判決は珍しいそうです。「前田道路」が控訴するのかしないのかとても気になりますね。



上司から執拗(しつよう)にしっ責されたことが原因で自殺したとして労災認定された道路建設会社「前田道路」(本社・東京)の営業所長(当時43歳)の妻で松山市の会社員岩崎洋子さん(46)らが、同社に慰謝料など1億4500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、松山地裁であったそうです。



高橋正裁判長は計約3100万円を支払うよう同社に命じたそうです。原告側弁護団によると、パワーハラスメント(職権による人権侵害)による自殺を巡る訴訟で損害賠償を認めた判決は異例だそうです。



訴状などによると、男性は2003年4月に愛媛県内の同社営業所に赴任したそうです。04年7月ごろから四国支店(高松市)の上司から「所長としての能力がない」などと繰り返ししっ責され、同年9月に自殺したそうです。


同県新居浜市の新居浜労働基準監督署は05年10月、心理的な圧迫が自殺の原因などとして労災認定したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000033-yom-soci

獣医師の治療ミスで飼い猫の目が白内障になったとして、損害賠償を求めた訴訟判決で東京地裁は、獣医師の過失を認め約45万円の支払いを命じたそうです。獣医師側は、長年の経験に基づく適切な判断だったと主張したが、同様の治療は過去に2例だけで根拠にならないとして損害賠償を命じたそうです。



飼い猫が白内障などになったのは治療ミスが原因だとして、派遣社員の女性(43)が東京都内の動物病院の獣医師に約510万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、獣医師の過失を認め約45万円の支払いを命じたそうです。


浜秀樹裁判長は、目尻を絹糸で縛った治療について「獣医学的な裏付けを欠き、極めて不適切。眼科専門の動物病院に転院させるべきで、治療方法を誤った過失がある」と述べたそうです。


獣医師側は長年の経験に基づく適切な判断だったと主張したが、「同様の治療方法は過去2例だけで、根拠とするには乏しい」と退けたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000122-jij-soci

強盗事件で誤認逮捕された男性が、国と県に対して慰謝料を請求する訴訟の判決が出たそうです。慰謝料500万円を求めたところ100万円を賠償する判決が出たそうです。この場合100万円というのは高いのか安いのかよくわかりませんね。


宇都宮市で起きた2件の強盗事件で誤認逮捕され、無罪判決を受けた冤罪(えんざい)被害者の同市の無職男性(56)が、違法な逮捕と捜査で精神的苦痛を受けたとして国と県を相手取り慰謝料500万円を求めた国家賠償訴訟の判決が28日、宇都宮地裁であったそうです。


福島節男裁判長は、「警察官は男性を誘導し、虚偽の自白調書を作成した」として国と県に計100万円の支払いを命じたそうです。


訴えなどによると、男性は2004年に洋菓子店とスーパーで起きた事件で宇都宮東署に強盗容疑で逮捕され、宇都宮地検に起訴されたそうです。


しかし、公判中に別の男が犯行を認めたため、検察は男性の無罪を論告し、宇都宮地裁も05年、無罪判決を言い渡し、確定したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000020-yom-soci

↑このページのトップヘ