ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:赤字

政府も東京五輪招致に本腰を入れてきたってことでしょうか。五輪開催で赤字が生じた場合、国が財政補償することを公約するそうです。東京五輪が決定すればちょっとは景気回復に役立つのではないでしょうか。いろいろな仕事も出てくるでしょうから。


東京都が立候補している2016年夏季五輪招致で、五輪開催で赤字が生じた場合、国が最終的に補償するとの「財政保証」を、国が国際オリンピック委員会(IOC)に対して公約するそうです。

 
全面的な財政保証を、日本政府が約束するのは初めてだそうです。

 
関係者によると、IOCに対して提出する財政保証書に、「日本国政府は、東京オリンピック組織委員会に財政赤字が生じた場合、関係国内法令に従って、最終的に赤字を補填(ほてん)します」と、国の全面的な支援を明記するそうです。

 
来週中にも閣議了解を経て、都が来月12日までにIOCに提出する開催計画書「立候補ファイル」に盛り込まれるそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090124-00000007-yom-pol

トヨタ自動車ほどの優良企業でさえ下期赤字に転落する見通しだそうです。アメリカ発の金融危機はいったいどこまで悪影響を与え続けるのでしょうか。


トヨタ自動車が、平成21年3月期の連結業績予想を再度下方修正する方向で調整しているそうです。

下期(10−3月)の営業損益は1000億円規模の赤字に転落する見通しだそうです。半期ベースの営業赤字は米国会計基準を導入した11年以降で初めてだそうです。


金融危機に伴う景気悪化で新車販売台数は世界的に落ち込んでいるほか、1ドル=90円を突破する急激な円高も利益を圧迫するそうです。

 
トヨタは11月の中間決算発表時に通期の連結業績予想を大幅に下方修正。営業利益は従来予想を1兆円も下回る6000億円(前年同期比73・6%減)となる見通しを示し、市場では「トヨタ・ショック」と呼ばれたそうです。

 
トヨタの上期の連結営業利益が5820億円。もともと下期の営業利益はわずか180億円にとどまる見通しだったが、これがすべて吹き飛ぶ形だそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000515-san-ind

↑このページのトップヘ