ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:転倒

生まれて初めてスキーをした9歳男児がスピードの出すぎが原因で転倒してフェンスに激突して死亡する痛ましい事故があったそうです。スキーもスピードの出すぎは十分に気をつけなければいけませんね。


8日午後零時20分ごろ、長野県松本市安曇の乗鞍高原温泉スキー場パラダイスコースで、東京都世田谷区喜多見の会社役員川辺亮さん(42)の長男で小学3年星君(9)がスキーで滑走中に転倒し、フェンスに衝突したそうです。


星君はドクターヘリで安曇野市内の病院に運ばれたが、9日午前6時10分ごろ、死亡した。死因は首や胸を強く打ったことによる低酸素脳症だったそうです。
 

県警松本署の調べによると、星君は7日、家族らとともに同スキー場に来たそうです。


現場はなだらかな斜面だったが、スピードが出ていたそうです。星君は初めてのスキー旅行だったそうです。 


本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090209-00000069-jij-soci

小学校6年生の男児が無免許でミニバイクを運転して買い物に行った帰りにパトカーに追いかけられて転倒し軽傷を負ったそうです。普段からミニバイクを運転していたんでしょうか。


18日午前10時半ごろ、佐賀市与賀町の県道で、市内の小学6年の男児(12)が運転するミニバイクが縁石に乗り上げ転倒したそうです。


男児は額を擦りむく軽傷を負ったそうです。


「買い物の帰りだった」と話したといい、県警は両親に厳重注意したそうです。
 

県警交通機動隊によると、パトカーの隊員が国道で2段階右折をしなかったバイクを発見したそうです。


サイレンを鳴らして制止を求めたが、バイクに乗っていた男児は時速15−20キロで約1キロ逃走したそうです。曲がる際に縁石に乗り上げたそうです。 



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090118-00000056-jij-soci

競輪のトップクラスS級1班に所属する内田慶選手がレース中に転倒して頭を強打して死亡したそうです。前輪の故障が原因で転倒したそうです。


11日午後1時20分ごろ愛知県一宮市の一宮競輪場で開催中の「第51回オールスター競輪」の初日第7レースに出場した宇都宮市小幡、内田慶選手(27)がレース中に転倒し、頭などを強打して死亡したそうです。



同競輪場によると、内田選手はバンクを5周するレースの最終周回の第3コーナー付近で、両脇の自転車2台に挟まれた状態になった直後、突然前のめりに転倒したそうです。


レースには9選手が出場していたそうです。事故直後は意識はあったが、午後1時35分ごろ、心肺停止状態となったそうです。

 
日本自転車競技会は同レースについて「相互接触による落車が原因で違反行為などはなかった。原因としては前輪の故障などが考えられる」としているそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000144-mai-soci

出川哲朗がポケットバイク走行練習中に転倒して左鎖骨を骨折したそうです。番組の企画でポケバイに乗る練習をしていたそうです。


エドはるみを激励するため、合宿所を訪れた出川哲朗(44)が7日に左鎖骨を骨折していたそうです。


番組の企画で、バイクに乗る練習をしていたところ転倒したそうです。全治2週間で、サポーターを着けていれば、仕事には支障がないそうです。でも大きなリアクションはできないでしょうね。

 
エドはるみとは20年以上前に映画のオーディションで出会い、昨年の「24時間テレビ」で再会したそうです。


「エドちゃんのつらさに比べたら、オレの痛みなんてどうってことない」と笑い飛ばしていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080812-00000046-spn-ent

モトクロスレースは危険なんですね。レース中に転倒した男性が後続車3,4台にはねられて全身を強く打ち死亡したそうです。アマチュアですが実績のあるベテランライダーの事故に関係者はショックを隠せないようです。事故起きた後にレースは中止になったそうです。


13日午前10時ごろ、福島県いわき市好間町大利のレース施設「モトスポーツランドしどき」で、モトクロスのレース中に神奈川県平塚市山下、同市職員、須藤郡宏さん(39)のオートバイ(450CC)が転倒し、須藤さんは後続車3〜4台にはねられ全身を強く打ち死亡したそうです。



県警いわき中央署の調べでは、会場は起伏のある土のコースだそうです。


レースは29人が出走し、須藤さんは第2集団の先頭を走り、3週目(1週1.5キロ)に入った上り坂でバランスを崩し転倒したそうです。他の参加者にけがはなかったそうです。



会場側によると、大会は全日本モーターサイクルクラブ連盟主催の「2008CLUB MAN MOTOCROSS」第7戦。事故後にレースは中止になったそうです。須藤さんは昨年の同大会で、アマチュアのクラスで年間優勝するほどの実力者だったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080713-00000018-mai-soci

競輪選手が公道で練習中に緩い左カーブでバランスを崩してしまい転倒したそうです。頭の骨を折ったそうです。重傷ではありますが命に別状はないそうです。しばらく安静が必要ですね。


11日午後1時25分ごろ、千葉県印西市別所の市道で、乗用車にゴムロープで牽引(けんいん)された自転車に乗り、練習中だったA級競輪選手の小島博幸さん(44)=同県野田市山崎=が、緩い左カーブでバランスを崩して転倒したそうです。


頭の骨を折るなどの重傷を負ったそうです。命に別条はないそうです。印西署が事故原因を調べているそうです。


調べでは、小島さんは同日昼過ぎから公道での練習を開始。ロープで車と自転車を結び、ペダルをこがない「クールダウン」の状態で引っ張られていた際にバランスを崩したそうです。時速は約30キロ出ていたが、ヘルメットはかぶっていなかったそうです。


乗用車はハッチバックタイプで、小島さんの妻(44)が運転。後部ドアを開けた状態で、荷台の錠付近と自転車の前部にロープをくくり付け、間を約2メートルあけて走行していたそうです。


ロープは幅約2センチ、厚さ約3ミリで伸縮性があるそうです。
小島さんは約1年前から、公道での練習を週1、2回行っていたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000943-san-spo

自転車に乗りながら別の自転車を手で引き運転している人を、たまに見かけたりしますが、そんな運転をしていて転倒死亡事故が起きました。


恐ろしいことに、転倒したときに手で引いていた自転車のブレーキレバーが目に刺さり死亡したそうです。ブレーキレバーが目から脳まで刺さってしまったらしいです。


事故は12月16日の夜に東京都江戸川区東葛西5の区道で起きました。


怖いですね。自転車を引きながら自転車を運転するのは大変危険なので絶対にやめましょう。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000041-mai-soci

↑このページのトップヘ