ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:重体






医療経験が10カ月と新人の20代の女性麻酔科医が、医療ミスをして患者の2才男児が意識不明の重体になっているそうです。鼻から入れた管で胃に空気を送るべきところを、誤って薬物を投与するため右脚の静脈につないだ管から空気を送ってしまったことが医療事故の原因だそうです。ベテランの麻酔科医が指導で付いていたが、別の手術のため空気を入れた時はいなかったそうです。



福島県立医大付属病院(福島市光が丘)は3日、県内の2歳男児の手術中に、胃に送るべき空気を誤って静脈に入れ、男児が意識不明になっていると発表したそうです。



男児は低酸素脳症の疑いで集中治療室に入っているが、脳に後遺症が残る可能性があるそうです。

 

病院によると、男児は7月29日、胃の内容物が食道に逆流する「胃食道逆流症」の治療のため、内視鏡を使って胃の入り口を細くする手術を受けたそうです。



胃を膨らませる際、20代の女性麻酔科医が、鼻から入れた管で胃に空気を送るべきなのに、誤って薬物を投与するため右脚の静脈につないだ管から空気を50ミリリットルずつ2回送ったそうです。


管がよく似ており、男児の体に布がかけられていたため、区別がつかなかったそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000019-maip-soci

中学2年生の男子生徒ら4人が小学校の砂場で「砂風呂遊び」をしていて、その中の1人が砂場から立ち上がった後に気分が悪くなりグッタリしてしまい、救急車で病院に搬送されたそうですが、意識不明の重体だそうです。間違って砂を飲み込んでしまったのでしょうか。どんな遊び方をすればこのような事故が起きるのかよくわかりません。


8日午後5時35分ごろ、宇都宮市大谷町の城山中央小学校から、「男子中学生が砂場に埋まってぐったりしている」と119番があったそうです。


消防署員が駆けつけ、校庭の一角にある砂場で倒れていた同市内の中学2年の男子生徒(13)を病院に搬送したが、意識不明の重体だそうです。

 
宇都宮中央署の調べでは、同日午後、同市内の中学2年の男子生徒6人が校庭の砂場に集まり、砂の中に体を埋める「砂風呂遊び」をしていたそうです。


最初は4人が一列になって深さ約70センチの穴を掘って座り、首の部分まで砂をかぶっていたが、1人が砂場から立ち上がった後、気分が悪くなりぐったりとしたため、ほかの生徒が近くにいた小学校の児童の母親に助けを求めたそうです。


同署は一緒に遊んでいた生徒らから詳しい事情を聴いているそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000549-san-soci

気管チューブを挿入する手術中に、電気メスでのどを切開したときに先に挿入されていた別のチューブが燃えて気道、口内、顔にやけどを負わせ重体になると言う医療事故が起きたそうです。患者さんは76歳の男性で危篤だそうです。



千葉県松戸市立病院(藤塚光慶院長)は10日、急性呼吸不全で入院した市内の男性患者(76)に気管チューブを挿入する手術で、のどを電気メスで切開する際、先に挿入されていた別のチューブが燃え気道や口内、顔に重いやけどを負わせたそうです。


男性は危篤に近い状態だそうです。高温の電気メスが酸素供給中だったポリマー樹脂製チューブに触れたか、接近して発火した可能性があるそうです。

 
病院によると、男性は9日に別の病院から搬送された時、口から気管チューブが挿入されており、人工呼吸器で濃度100%の酸素を必要とする状態だったそうです。


10日午前、救急部の男性医師(27)がのど仏の下から新たなチューブを入れる手術をしたところ、切開部から高さ10センチほどの炎が上がったそうです。


すぐに火を消し焼けたチューブを取り出したが、重いやけどで呼吸不全の症状が悪化したそうです。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000155-mai-soci

ゴルフ場で高校ゴルフ部の練習で、部員男子の打ったティーショットが17メートル先にいた高校1年生男子の頭部に直撃して意識不明の重体になるという事故が起きました。なぜティーグランドの17メートル前に立っていたのかはわかりませんが、一緒にいた顧問男性教師の責任は重大ですね。


ティーグランドは、バックティー、レギュラーティー、ラビットティーとに分かれていますが、ボールを打った部員はバックティーから打って、ボールが当たった部員はレギュラーティーにいたんでしょうか?いずれにしろとても不幸な事故ですね。


5日午後1時10分ごろ、茨城県常陸大宮市上小瀬の「ロックヒルゴルフクラブ」のコース内で、千葉県立高校1年の男子生徒(15)の頭部に、別の生徒の打ったボールが当たったそうです。


男子生徒は病院に運ばれたが、意識不明の重体だそうです。


県警大宮署の調べによると、男子生徒は別の生徒がティーショットを打った際、約17メートル斜め前で順番を待っていたそうです。ボールは右まゆ付近を直撃したそうです。


生徒らはゴルフ部に所属しているそうです。現場には顧問の男性教師(48)もいたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080905-00000115-jij-soci

だんだん暖かくなってくると子供の水の事故が心配になってきますが、佐賀県で小学校5年生の男の子が、水路に落ちた弟を助けようとして水に入ったところ溺れてしまい意識不明の重体になっているそうです。


20日午後0時40分ごろ、佐賀県小城(おぎ)市牛津町下砥川(しもとがわ)のクリーク(水路)に子どもが落ちた、と119番通報があったそうです。


近くの会社員七浦和幸さん(43)の長男優也君(10)(砥川小5年)が病院に搬送されたが、意識不明の重体のようです。


県警小城署の発表によると、クリークは幅約17メートル。優也君は弟(9)や近所の小学生ら計4人で、亀を捕るなどして遊んでいたそうです。


弟が足を滑らせてクリークに転落したため、優也君は別の男児と助けに水に入っておぼれ、深さ1・4メートルの水底に沈んだそうです。弟と男児は自力で岸に上がるなどして無事だったそうです。



4人は甲羅干しのために岸に上がってくるカメを狙っていたそうです。護岸の両側はコンクリートで舗装され、水際はこけが生えていたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000034-yom-soci

しつけの名を借りた児童虐待によって6歳の女の子が重体になっています。体には殴られたような古いあざがあることから、以前から日常的に虐待を受けていた可能性が高いようです。



16日午後1時5分ごろ、大阪府寝屋川市田井西町のマンションに住む成川裕子さん(29)方から、「長女の様子がおかしい。具合を見てほしい」と、119番通報があったそうです。


救急隊員が駆けつけたところ、美琴ちゃん(6)がぐったりしていたそうです。


美琴ちゃんは病院に搬送されたが、意識不明の重体。全身に殴られたような跡があり、寝屋川署は、同居していた無職大山貴志容疑者(21)を殺人未遂容疑で逮捕したそうです。


大山容疑者は「しつけのために体を何度も揺すったが、殴っていない」と容疑を否認しているようです。


調べによると、大山容疑者は昨年秋ごろから、成川さんとその長男(9)、美琴ちゃんと同居していたそうです。



美琴ちゃんの体には殴られたような古いあざもあり、同署は日常的に虐待していた可能性があるとみて、大山容疑者を追及する。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080217-00000000-yom-soci

盗難車で女性をはねて女性を病院の前に放置した事件は、悪魔のような男が実はわざとはねて金品を奪おうとしていたことがわかり逮捕されたのですが、同じような手口で別の女性を暴行していたことが新たにわかり再逮捕されました。


恐ろしい男です。まだまだ余罪があるように思いますがどうなんでしょうか?


大阪市平野区の病院で昨年11月、重体の女性(39)が置き去りにされた事件で、金目的で女性をはねたとして強盗殺人未遂容疑で送検された住所不定、無職山崎武志容疑者(33)が、別の女性の拉致暴行事件に関与した疑いがあるようです。


現場の遺留物から検出したDNA型が山崎容疑者と一致しており、府警は近く強姦(ごうかん)容疑で再逮捕する方針のようです。


調べでは、暴行事件は昨年10月8日夜、大阪府河南町で発生。30代の女性の車が後ろから追突され、女性が車から降りたところ、男にナイフを突き付けられ、男の車のトランクに押し込まれたそうです。


男は町内の別の場所に移動し、女性を乱暴。女性は追突現場近くで解放され、富田林署に被害届を提出していたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000058-jij-soci

↑このページのトップヘ