ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:野村克也監督





楽天の野村監督はやはり今シーズン限りなんでしょうか。楽天は野村監督になってから毎年ちょっとずつ力をつけていてると思うんですがね。一時は首位を走っていたこともあったし、やはり野村監督の力はすごいなと思っている人が多いと思うのですが、楽天の三木谷オーナーは次期監督について候補者を絞ったとのコメントを発表したそうです。シーズン真っ最中のこの時期にちょっとKY的な動きですよね。



奇跡のクライマックスシリーズ(CS)出場の可能性を残している楽天だが、球団はバックアップするどころか、その裏ではポスト野村人事を着々と進めているのが現実だそうです。



そんな中、楽天・三木谷浩史球団会長(44)が野村克也監督(74)の後任について、「候補を10人ぐらいに絞った段階」と発言したそうです。



あまりといえばあまりの露骨さに、チーム内から大ブーイングが巻き起こっているそうです。

 

楽天トップの三木谷会長は7日、楽天本社の決算説明会後に、野村監督の後任について「現時点では10段階で2、3といったところ。候補を10人ぐらいに絞った段階。指導者としての経験がある人にしたい。できれば8月中に決めたいが、9月に入ってからだろう」と発言したそうです。



今季で1年契約の切れる野村監督を辞めさせることは既定路線で後任選びを進め、展開次第では今月中にも新監督を決める意向を示したそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000023-ykf-spo

前回の楽天・巨人戦終了後の舌戦
 野村監督「バッカじゃなかろ〜か、ルンバ♪」

 伊原ヘッド「年寄りだから仕方ない」

 野村監督「礼儀知らず」と激怒

と遺恨対決で注目された楽天・巨人戦ですが、地震のために中止になりました。


遺恨対決が、さらにヒートアップする。前カードの対戦後に楽天・野村克也監督(72)と巨人・伊原春樹ヘッドコーチ(59)が激しい“舌戦”を繰り広げ、遺恨がぼっ発したそうです。


13日、Kスタ宮城で全体練習を行った楽天・野村監督があらためて伊原ヘッドを“バカ呼ばわり”すれば、伊原ヘッドも連勝宣言して挑発。14日の楽天-巨人戦を前に、両者は火花バチバチだそうです。


舌戦から2週間-。執念深さでは定評のあるノムさんの怒りは、やはり衰えていなかったようです。

この日、伊原ヘッドの話題になると「おれも失礼だが、あのバカはもっと失礼」と、舌ぽう鋭く“バカ呼ばわり”したそうです。


阪神監督時代の00年、当時守備走塁コーチを務めた伊原ヘッドと戦術をめぐり対立していたそうです。


伊原コーチは1年限りで退団した。この経緯もあり、以来両者は犬猿の仲だそうです。


しかし、さらに関係が悪化したのは29日の試合だった。楽天が2点リードして迎えた九回、二死一塁から矢野が盗塁死で試合終了したことに、野村監督が「バッカじゃなかろ〜か、ルンバ♪」と熱唱しました。


これに対し、伊原ヘッドが「年寄りだから仕方ない」とやり返したため、野村監督が「礼儀知らず」と激怒したそうです。


自身の歌が火種となったことは自覚している。だが、当時の心境を振り返り「あとひとつアウトをどう取ろうか悩んでいたときだったから、本当に助かったんだよ」とあらためて他意がなかったと説明したそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080614-00000021-dal-base

↑このページのトップヘ