ざっくばらん日記

日々感じたままにざっくばらんと記録します。

タグ:野茂英雄

清原VS野茂といえば「平成の名勝負」とも言われたそうです。たしかに見ごたえはありました。清原も野茂に対する思いは熱いものがあるみたいで、野茂の引退について「対決できて幸せ」とコメントしたそうです。


野茂英雄投手の現役引退表明を受け、かつてパ・リーグのライバル同士としてしのぎを削ったオリックスの清原和博内野手が18日、記者会見して心境などを語ったそうです。


「平成の名勝負」とも言われる2人の対決は、1990年に始まった。近鉄の新人、野茂が初先発した4月10日の西武戦(藤井寺)の1回、無死満塁で打席に立った清原でした。


野茂の姿を見て「普通の投手とは違う感覚が走った。こんなに大きいのかと驚いた」。この勝負の結果は、野茂のプロ初奪三振だったそうです。


「自分の球で勝負できる、最後の投手だった。対決できて僕も幸せ」と感慨深げだったそうです。


桑田真澄氏に続く同年代の引退に、清原は「残念なニュースが飛び込んでくるが、僕はしっかりと目標を定めてやっていく」と語り、1軍復帰へ気持ちを引き締めていたそうです。



本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000062-jij-spo

野茂英雄投手、お疲れ様でしたそしてありがとう!できれば日本球界で復活して欲しかったのですが引退してしまったんですね。


88年ソウル五輪投手コーチの山中正竹・横浜球団常務は、大リーグで活躍していた野茂に「野球界にとって王、長嶋クラスの功労者なのだから、活躍ができなくなっても堂々と胸を張っていなさい」と声を掛けたそうです。引退を決めた今こそ「胸を張って欲しい」と山中さんは呼びかけたそうです。

 
近鉄時代の先輩、吉井・日本ハム投手コーチは「大リーグでは引退した選手が復帰することはよくある。また復帰しちゃうかも」と話したそうです。そのうえで「本当にやめるのなら『おめでとう』と言いたい。あれだけ成功したのだから」と、労をねぎらったそうです。


また、近鉄時代のコンディショニングコーチだった立花龍司・ロッテヘッドコンディショニングコーチは「絶対にトレーニングを休まない野茂を見て、トレーニングをする選手が増え、選手寿命を長くしてくれた」と野茂の野球に対する姿勢を評価したそうです。


野茂が入団した時に仰木彬監督(当時)から「あいつは腰をひねって投げることで(ドラフト)1位で入ってきた。(フォームは)直させないから、壊れるかもしれん。しっかりトレーニングさせてくれ」と言われたそうです。


投手の練習といえばキャッチボールとランニングくらいの時代。「日本で初めてトレーニングしながら投げた」と振り返ったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080717-00000132-mai-base

楽天が野茂英雄投手と交渉中という報道はガセネタかもしれません。野村監督は「聞いてない。興味?全然ない」と否定したそうです。団野村氏も「事実無根」とコメントしたそうです。野茂英雄投手はこのまま引退になってしまうんでしょうか?


大リーグ・ロイヤルズを自由契約となった野茂英雄投手(39)が、日本に一時帰国しているそうです。


4月20日にロ軍から戦力外通告を受け、その後ウエーバー公示を経て自由契約となったが、米国内では獲得に乗り出す球団はなかったそうです。


一方で横浜が獲得に前向きな姿勢を見せたことなどもあり、自宅のあるロサンゼルスから日本球界の動静を探る意味もあって先週、帰国したようです。



ただこの日、一部で報じられた楽天との交渉について野村監督は「聞いてない。興味?全然ない」と否定したそうです。


長男で、代理人の団野村氏とは11日のロッテ戦(千葉マリン)で会ったが「野茂の“の”の字も出なかった。マイナーで投げていたビデオを見たけど、もう終わっている選手だよ」と感想を述べていたそうです。また、団氏も「事実無根」とコメントしたそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080513-00000009-spn-spo

野茂英雄投手が楽天に入団するかもしれません。すでに交渉中だそうです。楽天入りが決まれば14年ぶりに日本プロ野球界への復帰となります。野茂英雄ファンとしてはうれしいニュースですね。


ロイヤルズを自由契約となった野茂英雄投手(39)の楽天入りが11日、急浮上したそうです。


右腕の獲得に乗り出していることが明らかになったようです。1995年のドジャース移籍以来、実に14年ぶりの日本球界復帰。“野村再生工場”でトルネードが蘇るかもしれません。


トルネードが日本に帰ってきます。移籍先は楽天のようです。米大リーグ関係者によれば「すでに交渉に入っている」そうです。


今季の野茂はマイナー契約を交わしたロイヤルズでキャンプイン。中継ぎに初挑戦し、4月10日(日本時間11日)のヤンキース戦(カンザスシティー)では、1000日ぶりのメジャー登板を果たしました。


しかし、球威不足もあり、3試合(計4回1/3)で3本塁打を含む10安打9失点の防御率18.69。4月20日(同21日)に戦力外通告を受け、同29日(同30日)に自由契約となり、他球団との交渉が可能になっていたそうです。



複数の日米関係者によれば、すでに野茂も日本球界復帰を了承済みのようです。シーズンも5月に入っており、20日からの交流戦を前に今週中にも入団が発表される可能性もあるそうです。


野村監督は、選手を蘇らせることに関しては“再生工場”の異名を持つほど定評がある。引退濃厚といわれたトルネードが杜の都・仙台で復活するかもしれません。





本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080512-00000003-sanspo-spo

野茂英雄投手が自由契約になりました。横浜ベイスターズが興味を示しているなどの報道がされていましたが、日本に帰ってきて欲しいですね。野茂英雄の今後の動向に注目です。



米大リーグのロイヤルズは29日、野茂英雄投手(39)との契約を解除したと発表したそうです。


野茂は自由契約となり、今後は自由に他球団と交渉ができるそうです。


今月20日に戦力外通告を受けた野茂は、チームが25日にウエーバー公示を申請したものの、期限のこの日昼までに獲得を申し入れる球団がなかったそうです。


春季キャンプに招待選手で参加した野茂は今月5日に大リーグ昇格。10日のヤンキース戦で1000日ぶりのメジャー登板を果たしたが、3試合で防御率18.69でした。 








本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000040-jij-spo

野茂英雄といえばトルネード投法で有名ですが、トルネード投法は右ひじに負担がかかるんですね。メジャー昇格を目指すためにトルネード投法を封印するそうです。


マイナー契約からのメジャー昇格を目指すロイヤルズの野茂英雄投手(39)が2日、トルネード投法を捨て、メジャー入りを懸けることになったそうです。


この日のブルペン投球もすべてセットポジションから32球を投げ込んだそうです。


投球後にマクルア投手コーチから「ワインドアップで投げないのか?」と質問されると、野茂は右ひじを指しながら「ひじの状態を考えてのもの。今一番しっくりくる形で今後もそうしていきたい」と説明したようです。


オープン戦初戦となった29日パドレス戦での31球もすべてセットポジションだったんですね。


登板後に野茂はワインドアップで投げる時期について「分からないです。腕に負担の来ないよう投げているので」と言葉を濁したそうです。


しかし、頭では06年夏に手術した右ひじへの不安が払しょくされない限り、トルネードを復活させない考えを固めていたようです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080304-00000015-spn-spo

野茂英雄投手がメジャーリーグのオープン戦に登板してまずまずのピッチングを披露したそうです。メジャーへの復活をかけてがんばっているんですね。



ロイヤルズの野茂英雄投手が29日、パドレス戦に2番手で登板。2イニングを投げ3安打2三振、失策絡みで1点を失ったものの、自責点はゼロ。移籍後初戦となったパドレスの井口資仁内野手も打ち取り、奇跡の復活へ一歩前進したそうです。

 
ようやく野茂が3年ぶりとなるメジャーのマウンドに帰ってきました。今までのように先発ではなく中継ぎでの登板です。


3回、先頭打者をカウント2−1からフォークで空振り三振と幸先のいいスタート。ところが、次打者の何でもない遊ゴロがエラーとなり、井口との対戦を迎えたそうです。


05年以来3度目の対決。初球は外から中に入る甘い球を井口が打ち損じてファウル。3球目のフォークもファウルとなりカウント2−1。4球目のフォークを狙い打たれたが、センターフライとなり、野茂に軍配が上がったそうです。




本文はここから〜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080301-00000015-ykf-spo

↑このページのトップヘ